対戦相手をにらみつけて戦うことから、ついた異名は「野獣」、一方で自らを「凡人」と称する柔道家・松本薫(33才)。一体彼女はどうやって野獣となり世界と戦い、金メダルを獲得したのか──。

 帝京大学に進学し、目標の五輪出場を叶えるため、まずは大学3年生で日本一になるという目標を立てた松本。しかし、当初の計画より1年早い、大学2年生のときに国内のトップを決める講道館杯(2007年)で優勝した。さらに、2008年のアジア選手権(韓国・済州島)での優勝を皮切りに、世界大会へと着実に進出する。

 後にロンドン五輪で金メダルを獲得し、リオデジャネイロ五輪では銅メダルを獲得した松本に話を聞いた。

 * * *
 予定より1年前倒しで国内トップになれたことで、“世界”が見えてきたのですが、ここからは、世界の天才が相手です。天才は努力をすれば勝てるのですが、私は体も小さいし、得意の大技があるわけでもない凡人です。技を磨き、練習量を増やすだけでは天才には勝てません。

 おまけに私が戦う57kg級は、女性の標準的な体重で、競技人口がいちばん多いのです。その中で、天才に真正面からぶつかっても勝てるわけがない。ならばどうするか? 戦い方を変えるしかないと思った私は、相手にマインドコントロールをかける作戦を編み出したのです。

 日本人でも海外選手でも、人間がいちばん怖いのは何だと思いますか? それは強いとか賢いとかではなく、何を考えているかわからない、不気味な存在です。日本人は海外選手に比べてポーカーフェースといわれますが、それではダメ。「こいつは不気味だ」と、思ってもらわないといけません。そこで、私はイメージ作りに取り組んだのです。

 試合前はあえて笑顔で「ハーイ、一緒にご飯食べようよ、次、当たるね!」と海外の選手に声をかけ、一緒に食事をして、「明るいやつだな」と思われるように振る舞いました。そして、試合で畳に上がったときには別人のように相手をにらみつけながら、口角をあげて、不気味な笑みを浮かべる。

 すると案の定、「なんだ、こいつ!? 不気味!」と、相手が狙い通りに混乱してくれ、試合をコントロールできるようになり、自分より強い相手にも勝てるようになったんです。それには、4年の歳月が必要でした。

 その間、海外のメディアからは、「アサシン」や「殺し屋」などと呼ばれるようになり、批判もされましたが、すべては金メダルのためと思っていた私は、「しめしめ」と思っていたんです。

オリンピックで勝つために「野獣」になる

〈試合で見せる闘志ギラギラのオーラからは想像もつかないが、実は、己の恐怖心とも常に格闘していたという〉

 もちろん国内で代表に選ばれるための戦いもありました。私は凡人なので、自分が納得するまで練習したり、毎朝10km以上の走り込みをしたり、人一倍努力もしました。ですが努力は誰もがしているので、それだけでは選ばれません。

 そこで、合宿で練習がきつくなったときには、ひざに手をつけて、ハアハアとしたいところをぐっとこらえて胸を張り、「超楽しい!」と笑顔をあえて作る。そうやって存在をアピールし続けていたら、思わぬ副産物がありました。

 きついはずなのに楽しそうに笑顔でいる私を見た監督に「こいつ、まだ大丈夫なんだ」と思われて、私だけ、さらに練習メニューが増やされたんです! それでも弱音を吐かずに頑張っていたので、合宿が終わると、必ず熱が出ましたが……。

 それとともに、試合前は女であることを一切捨てる生活を始めました。凡人である私は、天才を目の前にすると、やっぱり怖い。負けることを想像してしまうんです。そこで、お化粧はおろか、日焼け止めも塗らず、Tシャツにジーンズスタイル。何かを持つときも、ガシッと男の人がつかむようにする。そうやって、外見から強い自分を作り上げました。

 それに、私は際立った技を持っていたわけでもなく、相手を動揺させ、その隙に技を仕掛けてポイントを狙う、型破りな勝ち方を模索していました。そんな私を見て、「柔道家としてどうなのか」という批判的な声もありました。日本の柔道界には背負い投げなどで正々堂々と一本勝ちすることが正当な勝ち方だという価値観が根強くあったからです。

 でも私は、柔道家ではなく勝ちにこだわる勝負師でありたかったんです。それでも、本番ではどうしても緊張します。そこで、私は「緊張したら合格。それは試合に出られる自分になれたからするもの。だから、緊張したら大丈夫」と、考えるようにしたんです。

【プロフィール】
松本薫(まつもと・かおり)/1987年9月11日生まれ、石川県金沢市出身。6才で柔道を始め、中学3年生で全国中学校柔道大会優勝、国内初制覇。高校2年生のインターハイ優勝に続き、高校3年生で2回目の海外遠征となるドイツジュニア国際柔道大会で金メダルを獲得。2009年にワールドツアーに本格的に参戦し、2010年には女子57kg級の世界ランキング1位を獲得。2012年、ロンドンオリンピック女子57kg級で、金メダルを獲得。2015年に現在の『ベネシード』に所属を移し、世界柔道選手権大会(カザフスタン・アスタナ)で優勝。翌2016年、リオデジャネイロオリンピック女子57kg級で、銅メダルを獲得。同年、一般男性と結婚。2児の母に。現在は柔道家として後進の指導にあたるかたわら、アイスクリーム『Darcy’s(ダシーズ)』を手掛ける。

取材・文/廉屋友美乃

※女性セブン2020年10月29日号