今年のプロ野球は、ペナントレースがほぼ決着し、タイトル争いに注目が移っている。打撃3部門のなかでも熾烈な戦いを繰り広げているのがプロ野球の華といわれる本塁打王だ。今年は、セ・リーグは阪神・大山悠輔と巨人・岡本和真がデッドヒートを演じ、ヤクルト・村上宗隆、広島・鈴木誠也が追い上げている。パ・リーグは楽天・浅村栄斗、日本ハム・中田翔、ソフトバンク・柳田悠岐が三つ巴の争いで最後まで目が離せない。

『週刊ポスト』は10月26日発売号で、「醜きタイトル争い」の歴史を特集しているが、そこで紹介しきれない球史がまだまだある。

 日本プロ野球史において燦然と輝く本塁打王といえば、本塁打の世界記録を称え初の国民栄誉賞を受賞した王貞治だ。その世界記録である通算868本塁打、7試合連続本塁打と並び、シーズン55本塁打という記録は、長く破られることがない高い壁となっていた。2013年にヤクルトのバレンティンが60本塁打を記録するまで49年間も守られた「55本」だが、その間、3人の助っ人外国人が目前まで迫っていた。

【1985年 ランディ・バース(阪神)】
 この年のバースは三冠王を獲得し、チームは21年ぶりのリーグ優勝を決めて(その後、日本一)、まさにお祭り騒ぎの年だった。バースは54本の本塁打を放って、王監督率いる巨人と2試合を残していた。

 甲子園での129試合目、巨人先発の江川卓は「真っ向勝負した」とされている。第3打席まで、レフト前ヒット、四球、ファールフライで、第4打席はリリーフの橋本敬司が敬遠している。ただし、当時の担当記者は、「確かに江川は勝負したといってもいいが、実はストライクは2、3球しか投げていない。絶対にホームランを打たれない逃げの投球だったことは間違いない」と証言する。

 後楽園に場所を移した最終戦ではバースは5打席連続で敬遠され、王の「55本」は守られた。ただし、この試合でバースは3打席目に斎藤雅樹が中途半端に外した投球を強振し、センター前ヒットを記録している。「打ちたかった」という気持ちが察せられるエピソードだ。

 

【2001年 タフィ・ローズ(近鉄)】
 来日6年目、押しも押されもせぬ球界を代表するスラッガーとなったローズは、9月24日の西武戦で松坂大輔から55号を放ち、ついに王の記録に並んだ。近鉄は優勝を決め、残り5試合は記録更新に専念できる絶好の環境にあった。

 そのうち3試合目は王監督率いるダイエー戦だった。1番に起用されたローズの第1打席は敬遠で、その後も勝負を避けられ、ボール球に手を出して2打席凡退したが、実質的には勝負してもらえなかった。ダイエー投手陣が投じた18球のうち、ストライクは2球だったとされる。結局、その他の4試合でもローズは56号を打てなかったのだが、ダイエー戦の「敬遠指示」が後に問題となった。

「王監督は試合前、ローズに“60本打てよ”と声をかけていて、自分の記録が抜かれることをそれほど気にしていなかった。しかし、監督不在のコーチ会議で、若菜嘉晴コーチが55本の記録を更新させないことにこだわり、そのなかで“いずれアメリカに帰る選手に記録を作らせるな”と発言したことがスッパ抜かれて問題になり、コミッショナーから警告を受けて、結局退団することになった」(当時の担当記者)

【2002年 アレックス・カブレラ(西武)】

 10月2日に55号を放ち、前年のローズに続いて王の記録に並んだ。残るは2試合。5日のダイエー戦では、ローズのケースと同様、ダイエー投手陣はまともに勝負しなかった。そして14日のロッテとの最終戦では全打席勝負してもらったものの4打席ノーヒットに終わり、記録更新はできなかった。

 記録はいつか抜かれるためにある、とも言われるが、「世界の王」があまりにも偉大だったために、多くの球界裏面史が生まれることになったのだろう。涙をのんだ3人の助っ人たちもまた、球史に深くその名が刻まれている。

取材・文/鵜飼克郎(ジャーナリスト)