2016年のリオデジャネイロ五輪競泳女子200m平泳ぎで金メダルを獲得した金藤理絵(32才)。そこに至るまでには、「メダル候補」といわれながら、腰痛に苦しみ、2012年のロンドン五輪で代表落ちするという挫折もあった。

 高校で体育教師をしていた父に水泳を教えてもらいスタートした金藤の水泳人生。広島県立三次(みよし)高校時代には、インターハイで優勝(種目は女子200m平泳ぎ)、大学はトレーニング技術が学べる東海大学体育学部を選択した。同大学に加藤健志コーチがいたことも進学の大きな決め手となった。

 順調にタイムも伸び、大学2年生のときには北京五輪(2008年)で代表入り。初めて挑んだ女子200m平泳ぎでは7位に入賞する。当時を金藤本人が振り返る。

 * * *
 体調の変化を考慮しつつ、着実に練習を積み重ね、北京五輪で代表に選ばれました。

 金メダルを取りたいと心底思ったのは、北京で北島康介さんが2度目の金メダルを取ったとき。間近で試合に向かう北島さんの姿を見ることができた私は、表彰台に立つ北島さんの勇姿に、「私もあの場に立ちたい!」と強く思いました。

 その結果、私は女子200m平泳ぎで7位に入賞することができました。「よし、次は金メダル!」と、心に誓って帰国。でも、その翌年、思わぬ挫折が待っていました。

〈2009年日本選手権、ユニバーシアードで日本記録を樹立。同年の世界水泳選手権でも同種目で5位に入り、次のリオ五輪のメダル候補と目されるが、腰痛が悪化してしまう〉
 
 この年は、競泳のルールに変更がありました。当時は高速水着が主流でしたが、2010年から着用禁止に。タイムが停滞するのではないかと心配する声もありました。が、幸いにも、私は2010年は2009年よりもいいタイムで練習ができていたので、影響を受けずにすみました。

 でもその直後の練習中に腰に激痛が走り、病院へ行くと、ヘルニアと診断されたのです。

 腰が治るのかという不安。2年後に控えた2012年のロンドン五輪。焦りとプレッシャーでネガティブ思考に陥ってしまった私は、オリンピックの選考会が近づくにつれ、「うまくいかないんじゃないか」と思うようになり、勝つ意欲どころか、真逆のメンタル状態になってしまったのです。

 当然ながら代表から落選。このとき初めて挫折を味わいました。

 かなりの決意で「もう水泳はやめよう」と思い、コーチに伝えると、「もうちょっと続けてみよう」と言われてしまいました。そのときコーチは「もう一度結果を出させて、自信を持ったまま、次のステージに送り出したい」という気持ちがあったようです。

 その後、コーチはハードな練習ではなく、「金藤ならできる」と優しい言葉で励まし続けてくれましたが、苦しくて仕方がなかった私は「頑張れ」と言われるだけでつらくて、「そんなの無理です!」と、反発することもありました。

 そんな中で言われたコーチのひと言が、いまも忘れられません。それは、「誰かほかの人から『お前はやめた方がいい』と言われたら、お前はやめるべきだけど、周りの人が『理絵ちゃん頑張れ、金藤理絵ならできる』と思ってくれているうちは、やった方がいい」という言葉です。

 いま思うとありがたい言葉なのですが、どん底だった私は、「どうせなら『金藤理絵はやめた方がいい』と言われた方がよっぽど楽なのに……」と、さらに塞ぎ込みました。

 両親にも「競技をやめて、いまお世話になっているスポンサーのところで働こうと思う」と言いました。

 すると父は、「夢を与える企業で、お前のような中途半端なやつが働くのは許さない」とバッサリ。父は昔から、決めたことを途中でやめたりあきらめるのを許さない人だったので、このときも厳しい反応でした。

 スランプのどん底にいるのに、「そんなきついことを……」と落ち込みましたが、あれも私を踏みとどまらせるための愛の言葉だったのだといまは思います。

【プロフィール】
金藤理絵(かねとうりえ)/1988年9月8日生まれ、広島県出身。2011年3月、東海大学体育学研究科体育学専攻修士課程修了。競技種目は女子200m平泳ぎ。広島県立三次高校3年生のときに、2006年インターハイにて優勝。東海大学体育学部体育学科に進学後、2008年日本選手権で2位となり、北京五輪代表入り。2009年世界選手権5位。2016年リオ五輪にて金メダル獲得。2018年3月引退。現在は全国各地で水泳指導や講演を行う。2017年に結婚、現在1児の母。

取材・文/廉屋友美乃

※女性セブン2020年11月5・12日号