現役最多のGI38勝(中央、地方、海外)を誇る角居勝彦調教師は、家業である天理教の仕事に就くため2021年2月で引退、角居厩舎は解散となる。調教師生活20年、厩務員として栗東トレセンに来てから34年、北海道のグランド牧場で初めて馬に触れてから40年。角居師は自身のホースマン人生の集大成として『さらば愛しき競馬』を上梓した。角居師によるカウントダウンコラム(全13回)、今回は競馬場のレイアウトと競走馬の走り方について解説する。

 * * *
 京都競馬場の改装に伴い、今年は中京競馬場でのレースが多くなります。年初めの「京都金杯」も中京でしたし、今週の日経新春杯や3歳重賞のきさらぎ賞なども中京で行なわれることになります。

 かつての中京競馬場は小回りで平坦、直線も短い典型的なローカル競馬場でしたが、2012年にリニューアルされてからは、まったくイメージが変わりました。芝コースの1周距離(Aコース)は1705.9mで、これは阪神競馬場や中山競馬場の内回りより長く、直線412mは中山や阪神内回りはもちろん、京都の外回りより長いのです。高低差3.5mも東京競馬場を上回っており、幅員も引けを取りません。

 角居厩舎ではディアデラノビアが改修前の2007年に、その娘ディアデラマドレが改修後の2014年に愛知杯を勝っている他、サンビスタが2015年のチャンピオンズカップを12番人気で勝っています。また2020年サートゥルナーリアの金鯱賞がいまのところ最後の重賞勝ちです。なかなか思い出深い競馬場なのです。

 栗東トレセンからは2時間かからないし、使い勝手も悪くないのですが、やはり京都の方が近くてホームグラウンド感がある。なにより中京は、東京から見れば京都より近いわけで、関東馬が遠征してくることが多くなるでしょう。そうなると出走ラッシュになって使いにくくなります。関西勢にとって京都から中京に替わったメリットはありません。

 しかも中京は左回りの競馬場です。

 関西の主戦場である京都と阪神はともに右回りですが、東京や夏の新潟は左回り。得意不得意ということではなく、関東馬が左回りに慣れていることは確かです。さらに関東馬でもコーナーのきつい中山よりは、広くて左回りの東京を得意とする有力馬がいます。そうした馬が、2月の東京開催を待たずに中京で、ということがあるわけです。馬券検討の際、競馬場別の成績はチェックしておいた方がいいでしょう。

 数ある周回競技の中で、右回りがあるのは競馬だけです。陸上競技はもちろん、競輪、オート、競艇はすべて左回り。京都や阪神もパドックは左回りです。

 馬はウサギなどとは違って、左右の脚の動きが対称ではなく、どちらかの脚を前に出した体勢で走ります。左脚が前に出ていれば左手前、右足が前ならば右手前ということです。利き脚を前に出したほうがよりスピードが出るので、レースの勝負どころとなる最後の直線では、利き脚を手前にして走ります。VTRなどをじっくり見てみると、どちらが利き脚なのかがわかりますが、キセキのように左右どちら手前でも同じように走れる馬もいます。

 しかしレースの間中ずっと同じ手前で走ると疲弊してきてスピードが落ちます。だからレースの間、何度か手前を替えつつ、最後の直線で得意な手前になればいい。手前をスムーズに替えられる馬が「器用な馬」と言われるわけです。よくデビュー前の馬を評するときに「やわらかい」という褒め言葉を使いますが、これは手前替えがスムーズにできそうだという意味も含まれています。

 左回りの競馬場のコーナーを回るときは、当然左手前で回らなければならない。右手前だと外側に膨らむようになるのでブレーキをかけるようになってしまうからです。右利きの馬でもコーナーを左手前で走り、直線に入ってから右手前に替えるわけです。コーナーではどの馬もスピードを落とさざるを得ないので、右利きでもそれほど差は出ないといわれています。

 逆に左利きの馬はコーナーを得意の左手前で回るのはいいでしょうが、長い直線もそのまま左手前で走り切れるかどうか疑問です。一度右手前に替えて、さらに勝負所で左手前に替えたいところです。左回りの競馬場は、東京、新潟、中京といずれも直前が長いので、もう一度手前を替えて、最後のスパートに懸けられます。

 ウオッカは10勝のうち6勝が東京競馬場です。ダービーを勝った後、宝塚記念、秋華賞、有馬記念では結果が出ませんでした。やはり左回りが得意だったのです。

 アメリカの競馬場はすべて左回りなので調教の時に手前の替え方を教えますが、日本やヨーロッパではそこまでやっていません。角居厩舎でもあまりうるさく言うことはありませんでした。手前を替える練習は本来なら周回馬場でゆっくりのスピードでも替えられるように教え込みたいのですが、難易度が高く、追い切りの時、コーナーに入る前と、コーナーを回って直線に入った時に替えるよう促して確認するぐらいです。

●角居厩舎 今週の出走予定馬

1月16日(土)
中山10R 頌春賞4歳上2勝クラス ロイヤルバローズ 牡6 57大野拓弥
中京9R 長良川特別4歳上2勝クラス ダブルフラット 牡6 57武豊

1月17日(日)
中京9R 梅花賞3歳1勝クラス トーセンインパルス 牡3 56池添謙一
中京11R 日経新春杯(GⅡ)4歳上オープン エアウィンザー セン7 高田潤
小倉7R 3歳1勝クラス メイショウハナモモ 牝3 浜中俊

【プロフィール】
角居勝彦(すみい・かつひこ)/1964年石川県生まれ。2000年に調教師免許を取得し、2001年に開業。以後19年間、中央でGI26勝、重賞計82勝を含む758勝(2020年11月22日現在)。最多勝利3回、最多賞金獲得5回など13のJRA賞を受賞。地方、海外を合わせたGI38勝は現役1位。デルタブルースでメルボルンカップ、シーザリオでアメリカンオークス、ヴィクトワールピサでドバイワールドカップを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援や障がい者乗馬など福祉活動にも尽力。管理馬は他にウオッカ、カネヒキリ、エピファネイア、ロジャーバローズなど。