大物2世の選択が物議を醸している。1月18日、清原和博氏(53)の長男(18)が、4月に進学予定の慶応大学で野球部への入部を希望していると報じられた。

 慶応幼稚舎(小学校)時代は強豪少年野球チームでプレーしていた長男だが、中学ではバレーボール部、高校ではアメフト部に所属。6年間野球から離れていた。

 慶大野球部は東京六大学の名門で、スポーツ推薦制度はなし。昨年は高校ナンバーワン右腕の高橋宏斗(中京大中京)がAO入試に挑むも不合格になった狭き門だ。たとえ内部進学者でも、入部のハードルは高いという。

「うちは希望者全員が入れるわけではなく、事前に“ふるい分け”される。3月に開催される新入生練習会か6月の最終練習会での選考に合格する必要がある」(大学OB)

 部の公式サイトにもこう明記されている。

〈限られた施設や財源などのリソースのもとで行うため、2018年度より研修・評価制度『スタンドバイ制度』を導入し、入部にあたって一定の条件を設定することにしました〉

「通常であれば6年間競技から離れていた者が入部するのは難しい」(前出・OB)

 だが、清原長男の入部希望が報じられて以降、野球部監督の堀井哲也氏はメディアに対して「入部制限はない」と発言。歓迎の姿勢を見せている。別のOBはこう語る。

「入りたくても入れない人がいるなかで、もし大物2世のために特例が作られたのだとしたら問題。OB会のなかでも反発の声が強まっています」

 堀井監督に聞いた。

「スタンドバイ制度は入部を制限するというより、大学生という限られた期間により良い学生生活を送るための進路をじっくり考えてもらう趣旨で行なっています。競技歴や技量、体力にかかわらず、弊部で4年間を過ごし、日本一を目指す『やる気』を含め、総合的に判断している。

(清原氏の長男も)スタンドバイ制度の一環で練習会に参加した。身体能力に優れ、パワーもあり、投打の基本動作に癖がない。他競技から大学野球で活躍することは決して平坦な道のりではありませんが、彼の努力を期待します」

“規格外”の実力で神宮に花火を打ち上げるか。

※週刊ポスト2021年2月5日号