2月初め、都内にある野球練習場で、清原和博氏(53)が晴れやかな笑顔を見せていた。傍らには高校3年と中学3年の2人の息子、そして元妻でモデルの亜希さん(51)の姿もあった──。

 清原氏の2人の息子は同じ慶應義塾大学の付属校に通っており、長男は今春から大学に、次男は高校に進学する。

「次男は少年野球チームの頃から注目された逸材で、2017年にはジャイアンツジュニアの4番として『NPB12球団ジュニアトーナメント』に出場。長男は高校ではアメフト部に所属していましたが野球の練習は続けていたようで、4月から大学の野球部に入部することが明らかになった。どちらも父親の“野球遺伝子”を受け継いでいるようです」(アマチュア野球関係者)

 そんな息子たちに、父が野球を教えたいと思うのは当然だろう。だが、この先も清原氏が指導を続けるのは難しい。

「プロアマ規定では、元プロ野球選手は『学生野球資格』がなければ自分の子供でも高野連所属の野球部生徒、大学野球に所属している学生を指導することはできない。

 清原氏は2月5日に学生野球資格を回復しましたが、『執行猶予期間経過後5年』を経てからでなければ、指導者になれないという規定がある。昨年6月に覚醒剤取締法違反の執行猶予が明けたものの、2025年6月までは学生への指導は認められないのです」(同前)

 次男は中学生、長男は高校生でも野球部には所属していないため清原氏が教えても問題はないが、4月から2人が大学・高校の野球部に入った時点で清原氏は教えることができなくなる。

「息子たちと一緒に足しげく野球練習場に通っているのも、“今のうちに”という思いがあるのでしょう」(同前)

撮影/渡辺利博

※週刊ポスト2021年2月26日・3月5日号