2月28日に行われた「びわ湖毎日マラソン」は、富士通所属の鈴木健吾が日本記録を33秒上回る2時間4分56秒という驚異的な日本新記録で優勝した。アフリカ出身選手以外で2時間5分を切ったのは史上初の快挙。25歳という年齢からも、今後がますます楽しみな新しいエースの誕生である。

 しかし、ファンとしては残念な気持ちも拭えない。東京五輪のマラソン代表は、すでに1年前に決まっている。2019年のMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)で優勝した中村匠吾と2位の服部勇馬、同3位で基準突破組のなかで持ちタイム最上位だった大迫傑が代表に決定しており、補欠2名もすでに決まっている。鈴木はMGCでは7位だったが、その前年から故障に苦しんでいた経緯もあり、今回の快走を見ると、もう少し才能の開花が早ければ……と想像せずにはいられない。

 スポーツライターの酒井政人氏は、鈴木のポテンシャルを高く評価する。

「鈴木選手は神奈川大学時代からマラソンをやっていて、4年連続で出場した箱根駅伝でも、3年時に『花の2区』で区間賞を獲るなど長い距離に強かった。実業団3年目ですが、故障を克服した2年目以降はスピードをつけていて、大学時代の1万メートルのベストタイムは28分30秒だったが、現在は27分49秒まで縮めている。スピードにゆとりがあり、ウェイトトレーニングによって上半身がしっかりして、後半にフォームが乱れることもなくなっている」

 区間賞を獲った箱根では、5位でタスキを受けてトップ集団に追いつき、権太坂を過ぎた後半にスピードアップしてトップで3区につなぐという後半に強いところを見せたほか、4年時の全日本大学駅伝では、最長区間の8区で同大20年ぶりのゴールテープを切るなど、長距離でのスピードレースにも実績がある。近年、日本の男子マラソンはスピード不足が課題とされてきた。国際レースでは、前半はトップ集団に何人も日本人選手が入るものの、ラストスパートで外国人選手に置いていかれて悔しい思いをしてきたファンも多い。スピードレースは歓迎、距離は長いほどいい、という鈴木には大きな期待が膨らむだけに、オリンピックに出場できないことは残念だ。

 MGCで本来のスピードを見せられなかったことに加えて、もうひとつ「1年遅かった」のが「日本新記録ボーナス」だ。日本実業団陸上競技連合は、東京五輪に向けて選手強化をはかるため、2015年から「日本新記録を出した選手にはボーナス1億円」という報奨金制度を設けてきた。これによって、設楽悠太が1回、大迫傑が2回、ボーナスを手にしているが、制度は昨春で終了してしまったため、鈴木には1円も支払われない。世界的な大会でも、ボストンマラソンの優勝賞金は15万ドル(約1600万円)、シカゴマラソン、ニューヨークシティマラソンはそれぞれ10万ドル(約1070万円)、東京マラソンは1100万円。それと比べても1億円ボーナスは破格だった。

 所属する富士通は日本新記録更新を受けての鈴木への「特別ボーナス」について、「社内規定に基づいて支給されますが、その時期と内容については非公表とさせていただきます」(広報IR室)とする。ファンとしては、2024年パリ五輪のホープとなった鈴木にしっかりと報いてもらいたいと感じてしまうところだが、「1億円ボーナス」を出していた日本実業団陸上競技連合はこう説明する。

「報奨金は東京五輪に向けた選手強化のお役に立てばと設けた制度です。代表選考も終わっており、制度の目的も終えています。それに、昨年3月の東京マラソンで大迫選手が日本新記録を出したことで、我々が集めた協賛金も使い切ってしまったのです」

 いろんな意味で「遅れてきた天才」というわけだ。母校の大後栄治・監督は、鈴木を「神奈川大で見てきた700人の教え子のなかで一番才能があり、一番努力する」とべた褒めしている。パリに向けては、びわ湖で見せた驚異的なスパートのように、ライバルを置き去りにして突っ走ってほしい。