3月23日の第1試合に登場するのがセンバツ30度目の出場となる古豪・県立岐阜商業だ。甲子園春夏通算87勝、センバツ制覇3回(夏は優勝1回)という名門中の名門だが、私学全盛の時代にあって、2015年春以降は甲子園出場から遠ざかっていた。そうしたなか、同校OBであり、社会人野球の松下電器、大阪の少年硬式野球の強豪・枚方ボーイズ、そして熊本の私学・秀岳館を率いた経験を持つ鍛治舎巧氏が、2018年3月に監督に就任。秀岳館時代には3季連続でチームを甲子園ベスト4に導いた男が、伝統校の“改革”に乗り出した。

 2019年秋には東海大会で準優勝し、センバツ切符を手にするものの、コロナ禍により大会は中止に(夏は交流試合の1試合のみ)。この春のセンバツが、鍛治舎氏にとって古豪復活に向けた甲子園での初陣となる。私学と違って練習時間などに限りがある公立校で、様々な改革に着手してきたが、鍛治舎氏の指導のもとでの変化は、練習内容だけでなく、ユニフォームや髪型といった部分にまで及んだ。その意図はどこにあるのか。鍛治舎氏に聞いた(聞き手/ノンフィクションライター・柳川悠二)。

 * * *
 2016年春から翌年夏にかけて、熊本・秀岳館を率いて甲子園に4季連続出場し、3季連続ベスト4に進出した鍛治舎巧監督が“センバツ”に帰ってくる。久しぶりの真剣勝負の甲子園ということで、勝負師の血も騒ぐのだろう。組み合わせ抽選もまだ行われていなかった2月中旬、県岐商が練習していた長良川球場を訪れると、シート打撃の間、鍛治舎監督の怒声が響き渡っていた。

「おいコラ、ヒットを打て! フライはいらん!!」「ストライクを放れ! 何回注意されているんだこのボケ!」

 解説者時代や、秀岳館時代の甲子園のお立ち台でみせていた温厚な話しぶりが印象に残っている人には、意外に感じられるかもしれない。しかし、こうして激昂している鍛治舎こそ、野球人としての素顔なのだ。

 県立岐阜商業は大会4日目となる3月23日の第1試合で、同じく優勝候補にも挙げられる、同じ公立の市立和歌山と対戦する。

──鍛治舎監督はこの5月で70歳になりますが、声の張りに衰えは感じられませんね。

「(コロナ禍で)マスクをしていると声が通りにくいでしょ? だから自然と声が大きくなったんですよ」

──以前、県岐商が創部100周年を迎える「2024年を区切りにする」と話していましたが、監督業はもっと長く続けられるのではないですか。

「いえいえ、しっかりと母校を甲子園常連校に戻して2024年に引退しますよ(笑)」

秀岳館の半分の練習時間で、同じメニューをこなす

──センバツで注目する学校はありますか。

「はい、市立和歌山とやりたいですね。私がビデオを観た中で、一番良いピッチャーが(同校のマックス152キロのエース右腕)小園健太君でした。生きたボールを投げる印象です」

──小園投手ですか(※インタビュー時、初戦の相手は決まっていなかったが、2月23日の抽選会で対戦相手は鍛治舎監督が望んでいた市立和歌山に決まった)。しかし、組み合わせも決まっていない段階で、出場校の映像をチェックしているんですね。

「一度も見ていない学校は、2校だけです」

──え!? いったいどこから29校もの映像を取り寄せるんですか。

「内緒(笑)。野球で大事なのは、心・技・体・情報です」

──夏は2012年、春は2015年を最後に出場から遠ざかっている母校の監督に就任したのが2018年3月。まず行ったのが「時間改革」でした。私立と違って練習時間の短い公立校であるために、部員を数班に分け、グラウンドを広く使って、同時間帯に様々なメニューを行っている。効率よく全選手が連動して練習しているのが伝わってきます。練習の合間にはコーチ陣も道具や打撃ゲージの移動などを手伝っていましたね。

「グラウンドで歩いて良いのは監督だけ(笑)。コーチに対しても『走れ!』って叫んでいますよ。秀岳館は一日に8時間練習できました。でも、県岐商にはそんな時間は許されません。およそ半分です。その時間内に、秀岳館と同様のメニューをこなすことを考えた結果です」

──秀岳館時代から選手に受けさせているZETT社のベースボール・スポーツテスト(身体能力測定・評価システム)の目的と、その効果を教えてください。

「スポーツテストには25種目あって、選手の筋力とスピードと柔軟性がはっきりとわかる。(県岐商の監督に)就任した当時は、秀岳館の選手と比べて大きく差がありましたが、3年が経過して、(テストを受けている学校のなかで)全国2位まで来ました。レギュラーだけでなく、控え選手にとっても、明確な数値ではっきりと目標がわかる。うちでは、スイングスピードを日々計っていて、3年前は130キロを超える選手がひとりもいなかった。今では140キロ以上ないと、打撃練習やノックには入れません。投手もスピードガンで球速を計っていて、140キロを超える投手が5人います」

私立に負けないための「初球打率」

──私立のように全国から選手を集めることはできません。県岐商には特待生制度もありません。野球部に在籍する2年半で選手を一人前の選手に育てあげ、甲子園に導こうとしています。投打(攻守)の指導において、大事にしていることは何ですか。

「野手なら、『初球打率』というのを意識させています。シート打撃でも、フリー打撃でも、あるいは試合でも、初球をしっかりとミートして、ヒット性の当たりを打てるか。どんなタイプの投手であっても、対応しなければならないわけですから、投手のリズムにあわせて、投手のリリースを見極めて、タイミングを計る。リズム、リリース、タイミングのRRTが大事なんです。追い込まれたら当然、ヒットを打つ確率は減ります。だから追い込まれる前に、いかに投手を攻略するかを徹底して考えさせていますね」

──スイングスピードを計測していることはその指導とどうリンクしてくるのでしょうか。

「150キロのボールを打ち返そうと思えば、基本的な考え方として150キロのスイングスピードがなければ、タイミングが間に合いません。力を込めてバット振るよりも、意外と力を抜いてスイングした方が、スピードが速かったりする。『脱力の力』と私は呼んでいます」

──投手に対して大事にしていることは。

「いかに3球で1ボール、2ストライクに追い込むか、ということですね。初球にストライクが取れたなら、2、3球目はファウルを打たせようとか、そういう心の余裕も生まれる。圧倒的に投手有利の状況を作れるわけです」

──今回のセンバツから、投手に対して1週間に500球以内という球数制限が課されます。県岐商の投手陣には、週に600球の投げ込みを課しているとか。

「150球投げる日を、週に4日設けています」

──1日に150球ですか。

「全球を全力で放るわけではありません。直球のMAXを求めていくのが50球、直球を四隅に集めていくコントロール重視のボールが50球、そして変化球が50球で、合計150球です」

──エースひとりに頼らず、複数投手の継投で戦う鍛治舎監督ですから、意外な投げ込み指令ですね。

「継投というのは、3回から5回しか投げられない投手を繋ぐのではなく、完投能力があって、連投も可能な投手をいかにつないでいくか。プロ野球のオールスターのような戦い方が理想なんです」

なぜ、伝統のユニフォームを変えたのか?

──鍛治舎監督の断行した改革の中でも、はっきりと第三者にも分かるのはユニフォームのデザイン変更でした。中学硬式野球のオール枚方ボーイズや秀岳館でも採用した、黄色と青を配色したユニフォームも、ずいぶんと板についてきました。しかしOBからの反発もあった。

「OBの声を気にしていたら、改革なんかできません。そもそも黄色と青はスクールカラーなんだから、むしろ県岐商にはふさわしいんですよ」

──そういえば、坊主ではない選手もいますね。髪型の自由化はいつからですか。

「就任した時から、髪型については自由です。ただし、短すぎる坊主はダメ。『バカが余計にバカに見えるぞ』と言っています(笑)。鬱陶しいのもダメ。賢そうに見える髪型ならOK。歴史のある学校なので、どうしても坊主じゃなきゃいけないみたいな空気があった」

──一昨年は秋季東海大会で準優勝し、昨年の同大会も準優勝。昨年は中止となってしまいましたが、2年連続センバツ出場で、古豪復活は近いのではないですか。

「いえいえ、2年連続東海大会準優勝といっても、隣県の中京大中京(愛知)は2年連続東海王者となっていますから。ただ、センバツに連続出場していくことで、県内の中学生が県岐商を選んでくれる。現状はまだまだ岐阜の有望選手が大阪桐蔭に流れていますから。大阪桐蔭の西谷(浩一)監督に電話を入れて、『あの子とあの子だけは岐阜から持って行くな!』と伝えていたんですが、そのふたりだけを獲っていきましたよ。許せませんね(笑)」

──今年の県立岐阜商業には高木翔斗主将という大型捕手がいます。

「昨年の夏に、大阪桐蔭と練習試合をして、エース左腕の松浦(慶斗)から逆方向に2本、2試合目も代打で出して、別所(孝亮)という最速147キロの投手からホームランを打ちました。守りについては教え子の九鬼隆平(秀岳館、現・福岡ソフトバンク)の方が上ですが、大柄なわりにフットワークがいい捕手です。高木には、センバツで『ホームラン4本ならプロ、3本以下なら大学』と伝えています」

──社会人のパナソニックの監督としても日本一経験があり、オール枚方ボーイズ時代も12度、日本一の経験があります。秀岳館では3度ベスト4に進みながら、決勝進出はかないませんでした。高校日本一は野球指導者人生の締めくくりとして必ず手にしたいタイトルではありませんか。

「甲子園のベスト4までは監督の力で導けると思っています。残りの2勝を挙げるためには、光るものを持っている選手ひとり、もしくはふたりが、驚くようなプレーをしなければ甲子園は勝ち抜けない。ベスト4を3度経験してそれを、学びました。負けたらすべての試合は監督の責任ですが、日本一となるには前橋育英が2014年夏に優勝した時の高橋光成(現・埼玉西武)のような活躍する選手が出て来ないと……」

──高木主将はそういう存在にはなり得ませんか。

「そればかりはわかりませんよ」