2年ぶりに開催された夏の甲子園決勝は、智弁和歌山(和歌山)と智弁学園(奈良)の「智弁対決」となった。系列校同士の対決にSNS上では「ユニホームが似ていて見分けが付かない」「紅白戦のようだ」などと盛り上がりを見せた。

 優勝した智弁和歌山は1978年、準優勝の智弁学園は1965年に、宗教法人「辯天宗」を母体として開校したが、校名以外の面では「宗教系学校」としての印象はあまり強くない。その理由を『宗教問題』編集長の小川寛大氏が語る。

「辯天宗は大森智辯氏という女性を宗祖として3代にわたって続いている関西中心の新宗教ですが、穏健で寛容なのが特徴。智弁和歌山や智弁学園の野球部員も入信する必要はありません」

 とはいえ、宗教系学校であることは生徒たちに少なからず影響を与えている。現在、巨人で4番を任されている岡本和真は智弁学園出身で、2014年にドラフト1位指名された際、こんなことを明かしている。

「名前を呼ばれてホッとしました。こういう緊張感は初めて。甲子園でも緊張しなかったんですが。今朝は5時半に起きて後輩と“御廟(ごびょう)”と“辯天さん”にお参りにいってきました」

「御廟」は宗祖・大森智辯氏を祀った霊廟、「辯天さん」は辯天宗の総本山である如意寺のこと。智弁学園からほど近い場所にあるため、野球部員もよくお参りしているという。

 宗教系学校ならではのトピックもあった。2019年3月、春のセンバツで2回戦に勝利した智弁和歌山の中谷仁・監督が、雨で一時中断した試合を振り返って、「辯天様は水の神様だから、雨の時は強い」と語ったのだ。智弁学園と智弁和歌山を率いて歴代最多の甲子園通算68勝を挙げた高嶋仁・名誉監督から聞いた言葉だという。

「辯天様は水にまつわる神様ではありますが、一般的には財宝神として知られ、商売をしている人たちに信仰が広まりました。雨に強いというのは野球部の中で独自に広まったものかもしれません」(小川氏)

 奇しくも今回の甲子園は、過去に例がないほど雨による順延や中断が相次いだ。その甲子園で智弁対決が実現したのは、「水の神様」のご加護だったのかもしれない。