9月2日、サッカーW杯最終予選で日本はオマーンとホームで対戦し、0対1で敗れた。地上波ではテレビ朝日で中継され、松木安太郎氏と内田篤人氏が解説を務めた。この試合で、男子サッカーの日本代表戦を地上波では今年初めて解説した松木氏に、ある変化が見られたという。ライターで松木安太郎研究家の岡野誠氏が、松木氏の口癖である「いいボールだ!」発言に着目し、その“精度”を検証した。

 * * *
 かつて松木氏が「いいボールだ!」と叫ぶと、視聴者は「あまりいいボールじゃないだろ!」とツッコミを入れていた。しかし、日本が準優勝した2019年のアジア杯では全7試合で17回「いいボールだ!」と発し、9回は本当に「いいボール」だった。「いいボールではない」のは3回。「どちらか判断しかねるボール」が5回あった。つまり、9勝3敗5分で勝率7割5分と高確率で本当に「いいボール」だった。

 このように「いいボール」を勝利、「いいボールではない」を敗戦、「どちらか判断しかねるボール」を引き分けと表し、直近2年の男子サッカー日本代表戦における松木安太郎氏の「いいボール」を判定してみよう(※日付は全て日本時間。蹴った直後の「いいボール」に限る。手元の集計による)。

2019年10月10日 W杯2次予選 モンゴル戦 
前半10分・伊東純也のスルーパス → ○ 中島翔哉に通る

2019年10月15日 W杯2次予選 タジキスタン戦
前半47分・中島翔哉のコーナーキック(CK) → × 相手キーパー(GK)パンチング

後半5分・中盤からゴール前に数人でパス回し → ○ 速かったため、誰に「いいボールだ」と言ったのか不明だが、本当に「いいボール」の連続だった

2020年1月10日 AFC U-23選手権 サウジアラビア戦
前半11分・橋岡大樹のクロス → △ 惜しくも合わず

2020年1月15日 AFC U-23選手権 カタール戦
前半13分・田中駿汰のスルーパス → ○ 旗手怜央に通ってシュートもオフサイド判定
前半21分・相馬勇紀のクロス → ○ 杉岡大暉がボレーシュートも枠

2021年3月29日 U-24代表アルゼンチン戦(BS朝日で解説)
前半9分・久保建英のスルーパス → ○ 食野亮太郎に通る
後半20分・久保建英のフリーキック(FK)→ △ 惜しくも合わず

 直近2年で松木氏の「いいボールだ!」は5勝1敗2分で勝率8割3分3厘。もはや、松木氏が「いいボールだ!」と叫び、視聴者が「全然いいボールじゃないだろ!」と突っ込む時代は終わったと思われていた。

 だが、今回のオマーン戦で“異変”が起こった。松木氏が「いいボールだ!」と叫んだ時の状況と結果を検証してみよう。

前半30分:「お〜〜いいボール!」 酒井宏樹のクロス → △ 大迫勇也が競るも、相手DFにクリアされる
前半37分 :「いいボールだね!」 鎌田大地のCK → × 相手ディフェンス(DF)が難なくクリア。全然いいボールではなかった

後半9分:「よーし! よし! いいボールだ!」 酒井宏樹のクロス → ○ 長友がヘディングシュートも枠外
後半12分:「うわ〜、いいボールだ!」 古橋亨梧のクロス → × 相手GKパンチング
後半40分 :「おー、いいボール!」 久保建英のFK → × 相手GKキャッチ

 松木氏はオマーン戦で「いいボール」と5回叫び、1勝3敗1分の勝率2割5分だった。近年、松木氏の「いいボールだ!」が、本当にいいボールになっていたにもかかわらず、なぜオマーン戦では精度が下がったのか。

 0対0の膠着状態が続く後半12分、古橋が左サイドでDFをかわしてクロスを上げるシーンを振り返ってみよう。

松木氏:わ〜、いいボールだ!
実況:いいボールだ! キーパーパンチング。いや〜松木さん、古橋いい形を見せました!
松木氏:いや、いい! いいボールだ!

 吉野真治アナも松木氏に釣られるように「いいボールだ!」と言ったが、結果に合わせて「いい形を見せました」と言い方を変え、切り返しの連続からクロスを上げたことに言及したと思われる。だが、松木氏は誰も合わせられなかったボールに対して、もう一度「いいボールだ!」と叫んだ。キーパーさえいなければ味方に合ったボールではあるが、それは「キーパーがいなければ入っていた」と同じことである。

 松木氏はさほど「いいボール」に見えなくても「いいボールだ!」と叫ぶことで、日本代表と自分を盛り上げようとしていたのではないか。つまり、ホームでのW杯最終予選という『絶対に負けられない戦い』で、日本が手こずる焦りから不用意な「いいボールだ!」が復活してしまったと考えられるのだ。

■文/岡野誠:ライター。NEWSポストセブン掲載の〈検証 松木安太郎氏「いいボールだ!」は本当にいいボールか?〉(2019年2月)が第26回『編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞』デジタル賞を受賞。著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)では本人へのインタビュー、野村宏伸など関係者への取材などを通じて、人気絶頂から事務所独立、苦境、現在の復活まで熱のこもった筆致で描き出した。