9月26日、3位・巨人が3対4で2位・阪神に敗れ、首位・ヤクルトが中日に16対0と大勝。巨人はヤクルトに4ゲーム差を付けられ、自力優勝の可能性が消滅した。巨人は後半戦に入ってから14勝15敗7分(9月26日現在。記録は特別な説明のない限り、以下同)と失速。“三つ巴の争い”の中で、脱落しかけている。優勝候補の筆頭と目されたチームはなぜ、崩れていっているのか。プロ野球担当記者が話す。

「原辰徳監督の采配に変化が見られ始めたからではないでしょうか。実力至上主義を謳う原監督は特別扱いする選手を持たず、主力でも打てなければスタメンから外し、必要ならばバントの指示もした。その采配はチームに緊張感を与え、誰にでもチャンスがあると示してきました。しかし、最近の起用法は実力至上主義からかけ離れているように見えます。8月に日本ハムから移籍してきた中田翔、ベテランの亀井善行を打てなくても起用している」(以下同)

 中田は8月4日にチームメイトに暴行を振るい、11日に日本ハムから無期限謹慎処分を言い渡されていた。しかし、20日に突如として巨人へ移籍。同時に処分は解かれ、21日に一軍登録。22日にはスタメン出場で2ランホームランを放っていた。

「あまりの急な展開に、選手たちは戸惑ったはず。中田が打ち続ければまだ良かったのでしょうが、打率1割台なのに、スタメンで起用され続けた。マスコミやファンでさえ疑問に思うのですから、一緒にプレーしている選手たちはもっと敏感になります。中田の加入で、自然とポジションが1つ消える。チームには当然、微妙な空気が流れます」

 中田の移籍が発表された8月20日以降、巨人は10勝14敗7分。1軍帯同時は7勝11敗6分、登録抹消時は3勝3敗1分となっている。

「もう今さら遅いですが、巨人に移籍するにしても、日本ハムの謹慎処分を受け継いで、今年は一軍に出場させるべきではなかった。一度、二軍に落としましたが、原監督は他の選手ならもっと早く見切りをつけているでしょうし、一軍に再昇格してすぐにまたスタメンで使った。その3試合目の広島戦で約1か月ぶりのホームランを放ったが、再昇格後のヒットはその1本だけです。同じ試合でウィーラーもホームランを打ちましたが、次の阪神戦ではウィーラーはスタメン落ち、中田は先発出場しました」

勝負所で代打に起用される亀井

 広島3連戦の成績はウィーラーが8打数3安打、中田は9打数1安打だった。中田は阪神3連戦で2試合連続スタメンも、7打数0安打に終わった。3試合目はベンチスタートだったが、8回の同点に追い付くチャンスで北村拓己の代打で登場したものの、凡退した。

「ウィーラーも後半戦調子が良くないが、中田はそれ以上に打てていない。同じファーストの中島宏之は好調を維持していたが、中田にスタメンを奪われている間に調子を落としてしまった。北村は中田がいなければ、そのまま打席に立ったでしょう。そもそも、今の状態なら、中田より北村のほうが可能性を感じられた。1人の選手がイレギュラーな形で加入し、打てないのに監督が使い続ければ、選手たちは疑問に思うでしょう」

 もう1人、原巨人で、不振でも起用され続けている選手がいる。

「ベテランの亀井善行は若手にも慕われているし、中田のような不協和音を呼ぶ存在ではない。しかし、今年は打率2割1分1厘と低迷しており、代打成績も1割8分4厘と不振に喘いでいる。それでも、原監督は5番でスタメン起用したり、勝負所で判を押したように代打で使ったりする。丸佳浩が不振で、ベテランの力に頼りたくなるのでしょうけど、数字が示すように今年の亀井には去年までのような勝負強さが見えません」

 25日の阪神戦では9回裏2死満塁で代打・亀井がコールされた。だが、力ないライトフライでゲームセット。巨人は左腕の高橋遥人に完封負けを喫した。

「前日まで、亀井の対左投手の成績は1割4分8厘です。ベンチにはまだ大城卓三も残っていた。大城も左投手を1割9分8厘と打ててないが、5本塁打をマークしている。相手投手からすれば大城のほうが怖かったのではないでしょうか。亀井はよく開幕戦で代打サヨナラ本塁打を放ったと紹介されますが、今年の目立った活躍はそのくらい。勝負強いと言われますが、今年の得点圏打率は1割3分3厘ですよ。イメージよりも現実を直視しないといけない」

“実力至上主義”でチームを活性化し、リーグ2連覇を果たした原辰徳監督。自力優勝が消滅した今、ここからチームを立て直すことができるのか。