9月場所千秋楽翌日、新横綱・照ノ富士の昇進場所優勝をかき消すように、横綱・白鵬の「電撃引退」が報じられた。史上最多となる45回の幕内最高優勝を誇る白鵬は、「一代年寄」を与えられるに申し分ない実績を残している。しかし、今年4月に日本相撲協会が設置した「大相撲の継承発展を考える有識者会議」が提出した「提言書」には、〈一代年寄の名乗りを認める根拠を見出せない〉と明記されており、流れが変わる。白鵬には一代年寄は与えられず、間垣親方を襲名することとなった。

 過去20回以上優勝した横綱には与えられてきた「一代年寄」。しかし、唐突に出てきた“提言書”によって、白鵬の一代年寄は取り上げられた形だ。この事実に異議を投げかけるのは、高野山真言宗別格本山・南蔵院(福岡県糟屋郡篠栗町)の林覚乗住職だ。

 林住職は、白鵬が所属する宮城野部屋の九州後援会名誉会長でもあり、大相撲九州場所の維持員で組織される「九州溜会会長」を務めた大物支援者だ。

「あれだけの功績を残した横綱ですよ。過去、20回以上優勝した横綱には『一代年寄』が与えられているのに、唐突に有識者会議から“一代年寄という制度を認める根拠がない”などという提言書が出てくるのはどうかと思いますね。あの提言書を知り合いの弁護士に見せたら、人種差別だと言っていました。(白鵬が)もし日本出身の横綱なら、(一代年寄を)与えたと思いますよ。協会はあのような組織なので、与えないと決めたら与えないと思いますが……」(林住職)

 さらに林住職は、「7月の名古屋場所前に私の娘が、白鵬が一代年寄になれないことについて抗議する手紙を八角理事長宛に送ったのです」と明かした。すると、協会側から林住職に対して、九州溜会会長を辞めろと要求する返事が届き、結局林住職は体調不良を理由に、自ら会長を退いたという。

「協会は怯えている」

 失意のなかにある林住職だが、電撃的な発表となった白鵬の引退は、早くから予感していたという。7月の名古屋場所で白鵬が復活の全勝優勝を果たした後、お祝いの電話を入れた際のことだ。

「引退という言葉ではありませんでしたが、電話口で“ヒザの状態が悪くて、よく土俵に上がれた”と言っていました。さらには“名古屋が最後になるかもしれません”とも話していた。すぐに発表はしないだろうと思いましたが、もう九州(場所)へは現役で来ないだろうと感じていました。オリンピックとパラリンピックをやっていたので、イベント中に発表すると迷惑をかけるという思いもあったようです。9月の秋場所前の発表という選択肢もあったが、部屋で新型コロナ感染者が出て、所属力士全員が休場となったことで時期を逸し、このタイミングになったんじゃないか」(林住職)

 引退が近いとわかっていたからこそ、協会は一代年寄を求める意見に反発したのだろうか。林住職はこんな言い方をする。

「反発というより怯えているように感じました。たった1枚の手紙にオタオタしている。私に直接連絡してくればいいのに、それを文書(※娘が送った一代年寄についての意見の手紙に対し協会から内容を問いただす文書)まで送ってきて……。そこまで神経質になることがあるのかと。(娘の手紙の内容は)白鵬が言わせたと思っているのかもしれませんが、白鵬はそんなことはしません」

 協会が批判する白鵬の言動については、こう擁護した。

「白鵬はサービス精神が旺盛なんですよ。(2017年の)九州場所で万歳三唱をやった時も、前日に白鵬が“優勝したら何を話せばいいか”と聞いてきたから、“(直前に日馬富士の暴行事件という)不祥事があったのでご心配をかけて申し訳なかった”と一言、話せばいいと伝えましたが、白鵬が場の雰囲気でそれ以上のことをやってしまった。会場は盛り上がったが、横審(横綱審議委員会)と協会が文句を言った。協会はファンに目を向けていないんですよ」

 もちろん、白鵬の言動には賛否がある。ただ、林住職が熱心に語るのは、単に白鵬の支援者だからではなく、大相撲を愛するがゆえのことだろう。そうした支援者を失望させてまで、協会は、一体何に怯えているのか。

“白鵬の乱”は起きるのか

 白鵬は宮城野部屋付きの「間垣親方」となるが、協会発表によれば、異例の“条件付き”での襲名承認となった。大相撲の伝統文化や規則、しきたりを守り、逸脱した言動を行なわないことなどを約束する誓約書への署名が条件となった。来年8月に65歳の定年を迎える宮城野親方(元前頭・竹葉山)から部屋を継承し、日本橋に20億円かけて新たな部屋を建設するとも言われてきたが、親方としての今後は不透明だ。

「協会執行部は白鵬が“第二の貴乃花”となって反旗を翻すことを恐れているのではないか。数字のうえで圧倒的な成績を残した白鵬を慕う力士や若手親方は少なくない。将来の協会を担う世代は、白鵬派と稀勢の里派に二分されると言われるほど。そうなると白鵬が、一門内の序列を飛ばして理事選に打って出た“貴の乱”の真似をする可能性もある。資金力が豊富なだけに、現実味はあるシナリオだ」(ベテラン記者)

 過去の一代年寄は、出世が早い傾向があった。

「現役時代の実績が評価される面もあるし、普通は親方になってから“顔(現役時代の四股名)と名前(襲名した年寄株)”が一致するまでに時間がかかるものだが、現役名のまま親方になればその問題がなく、支援者や弟子を募るうえでも有利。ただでさえ白鵬は現役時代から内弟子を育てたり、相撲強豪校とのパイプを作ったりと、親方になった時に一大勢力を築けるように準備してきた。そんな白鵬が、さらに一代年寄によるメリットを享受するとなれば、協会執行部にとって脅威でしかないでしょう」(同前)

 様々な思惑が交差した末に、白鵬の親方としてのキャリアが始まる。

「委員待遇年寄となる白鵬は、親方の序列としては85番目からのスタート。ジャンパーを着て場内警備にあたり、3月場所で引退した鶴竜がやっているように“マスクを着用して観戦ください”のボードを持って場内を歩かされることになる。協会側は“雑巾がけからやってもらう”という考えだ。もちろん、白鵬もいつまでも黙っているタマではないでしょうが」(同前)

 次のステージでも、暗闘は続くのか。

※週刊ポスト2021年10月15・22日号