史上初の「4割バッター」誕生なるか──これまで数々の名選手が挑み、越えられなかった「壁」に、今季は新たな挑戦者がいる。シーズンの約4分の1が消化されるなか、日本ハムの近藤健介(23)が打率4割をキープしているのだ。

 大谷翔平(22)、岡大海(25)、中島卓也(26)など次々に主力が離脱しチームは5位と低迷するなか、近藤はひとり好調を維持してきた。開幕から24試合連続出塁を記録し、打率は5月17日終了の時点で4割3分1厘。もともと捕手として入団したが、外野の守備もこなし、今季はここまで3番DHでの起用が多い。

 ロッテと西武でプレーし、通算2081安打を放った山崎裕之氏はその打撃技術を高く評価する。

「タイミングの取り方がすごくうまい。体重も早くからちゃんと軸になる左足に乗っているので、インコースの難しい球でもレフト方向におっつけることができます。2年前、インローのまず打てない球をレフトのポール際に放り込んだのを見た時は驚きました。日本で初めて、4割を打てるバッターが出てきたなと思いますね」

 日本球界の歴代最高打率は、1986年にバース(阪神)が記録した3割8分9厘で、2位がオリックス時代のイチローの3割8分7厘(2000年)。4割をキープし続けた最長記録はクロマティ(巨人)が持つ96試合(1989年)だ(シーズン終了時の打率は3割7分8厘)。名だたる選手たちですら、越えられなかった4割の壁に、近藤は挑んでいくことになる。

◆梅雨は耐えて、夏に打つ

 現役時代は攻守走そろった名選手として“南海ホークスの顔”だった広瀬叔功氏は、1964年に89試合目まで打率4割をキープしたことがある(シーズン終了時3割6分6厘)。この記録は、クロマティに抜かれるまで最長だった。

 なぜ最後まで維持できなかったのか。広瀬氏が振り返る。

「あの年は、A級10年選手(同一球団で10年以上プレーした選手にボーナス受給権か自由移籍権が与えられた)を取得する年で、ボーナスを手にしてやろうとシーズン前から猛練習したんです。後にも先にもあれほど練習したことはなかった。だから開幕直後から絶好調だった。ところが、慣れないことをしたので、手首に疲労がたまっていたんでしょう。6月に尾崎行雄(東映フライヤーズ)のストレートを打ち返し二塁打を打った時に、手首を痛めてしまった。

 マスコミが“4割バッター”と騒ぐので、痛み止めの処置をしてもらいながら、無理して打席に立ちました。よく『故障しなかったら……』といわれますが、野球には“たられば”はないんです。そういう意味でも、4割を達成できなかったのは実力です」

 チームが優勝争いをしていて、治療に専念もできなかった。今季不調の日本ハムが、シーズン後半にどの位置にいるかも、近藤の打率の推移を左右しそうだ。

 阪神のバースが3割8分9厘を残した1986年は、“猛虎打線”の爆発で21年ぶりに阪神が優勝した翌年。このシーズン、47本塁打を記録したが、あと6本ヒットを打っていれば、4割を超えていた。

 当時、阪神の打撃コーチを務めていた竹之内雅史氏はこう語る。

「1986年は掛布(雅之)と岡田(彰布)という後ろを打つ選手の調子が悪く、後半戦ではバースばかり徹底マークされた。それでも、もしバースに『足』があれば、確実に4割に届いたとは思います。私の現役時代だと、張本(勲)さんなど4割を狙える人はみな足が速かった。甲子園は浜風で左バッターに不利だから、打つだけでは厳しいですね」

 近藤に置き換えて考えれば大谷や中田翔といった主軸を打つ選手が復調するかがカギを握るということになるし、内野安打の多いタイプではない近藤がどれだけ「足」を使えるかも注目となる。

※週刊ポスト2017年6月2日号