昨年末より、日本陸連のマラソン強化・戦略プロジェクトのリーダーに就任した、長距離界のレジェンド・瀬古利彦氏(61)。瀬古氏を始めとした1980年代日本マラソン最強時代のように月間1000kmは走らないとマラソンでは勝てない、今の選手は月間600〜700kmくらいしか走っていないと指摘する瀬古氏に対し、古くさい考え方だとの指摘もある。同氏を長く取材してきたルポライターの高川武将氏が、日本マラソンの再建の鍵について聞いた。

──最近も高校の指導者が1980年代の練習を公然と批判していて驚きました。マラソンを走ったことも、選手を育てたこともないのに。ついに時代はここまで変わったのかと。

「本当そう思うんですよ。格好良くとか、楽しくとか、合理的にとか、そういうことが前面に出てきている。それで速くなっていればいいですけど、結果が出ていないのにそれはちょっとおかしいだろうと。

 でも、いいんですよ。僕は、正解は一つではないと思っている。それぞれやり方が違うのは当たり前で、いろんな練習方法がある。だから逆に言いたいよ。去年から日本記録を破ったら1億円が出ることになった(実業団陸上連合のプロジェクト)。早くね、我々と違う自分の好きな練習をやって、自由な生活を送って、1億円貰ってくれって。もしそんな選手が出たら俺は頭下げるよ。ごめんな、練習が古かったなって(笑)」

──むしろ、そうなりたいくらい。

「なりたい、なりたい。それくらいの……。ただ、やっぱり最低限の泥臭い練習をやらないと無理です。例えばロケットが大気圏に突入して突き抜けるときは、物凄いエネルギーがいる。マラソンも誰もが驚愕するような練習をしなきゃ突き抜けられない。すぐ結果は出ないかも知れないけど、続けていれば1、2年後には必ずドカンと出ます。でも今、そんな練習をする選手はいない」

──最近の選手が距離を踏まない一番の理由はケガするのが怖いと。

「ケガって(苦笑)。だから、ケガしないような体作りをしなさい、と。長い距離を走ったり、練習の合間に歩いたり、補強を工夫したり、いろいろなことが必要になってくる。

 そもそもケガしないことを前提に練習していること自体が考えられない。ケガして1年くらい悩んで、くそっと思って。それも突き抜けるために必要なことです。昔の選手はケガするかしないかぎりぎりのところでやっていた。いつからこうなっちゃったのか……本当、悩ましいよ」

──アフリカ勢に離されるばかりで。

「3年前に選手を連れてケニアのトレーニングキャンプに行ったんです。複数のチームが同じ場所で練習していて、朝になるともの凄い数の選手がうわーっと走ってくる。壮観ですよ。ただ練習内容に関しては驚くようなものはなかった。僕らが昔やっていたのと同じ練習をやっていたから」

〈ここに何とも皮肉な現状がある。1980年代後半から日本の大学や企業がケニア人ランナーを採り始め、世界レベルで活躍する選手が何人も生まれてきた。引退した彼らは、日本で学んだマラソン練習のノウハウを母国に持ち込み、ますます強くなっている。日本がケニア人を育てているようなものでもあるのだ。〉

──北京五輪で優勝した日本育ちのサムエル・ワンジルは日本で学んだことは「我慢」だと言ってましたね。

「日本人はさ、農耕民族でね、勤勉で真面目で我慢強くて。同じことを繰り返しやることを厭わない。マラソンにはうってつけの国民性だと思う。野口(みずき)さんの『走った距離は裏切らない』という言葉の通りなんですよ。高橋(尚子)さんだって、練習量は僕よりはるかに多かった」

──その日本人の特性が社会全体から薄れてきているようにも思います。

「そうは思いたくないけど、マラソンに関してはそう思う。ケニア人のほうが練習するんだからね。彼らは僕らの練習を古いとは言わないもの」

──やはり世代間の考え方のギャップを埋めないことには、日本マラソンの復活も難しいのでは?

「何でそうなっちゃったんだろうね……。やっぱり、指導者がちゃんと言ってこなかったからですよ。だから僕らが、選手と同様に、指導者にも伝えていかなきゃいけない」

【PROFILE】せこ・としひこ/1956年、三重県生まれ。早稲田大学時代に恩師・中村清氏に出会う。箱根駅伝2年連続区間新記録。マラソンでは福岡国際3連覇をはじめ、15戦10勝。五輪には2度出場。引退後は、エスビー食品などでの指導を経て、2013年4月にDeNAランニングクラブの総監督に就任。

※SAPIO2017年8月号