昨年末に日本陸連のマラソン強化・戦略プロジェクトのリーダーに就任した、長距離界のレジェンド・瀬古利彦氏(61)。1980年代の日本マラソンは世界をリードしていたが、1990年代から低迷していく。マラソンの志す若手選手が少なくなった今の日本マラソン界に瀬古氏が伝えたいことを、同氏を長く取材してきたルポライターの高川武将氏が聞いた。

 * * *
 2013年に東京五輪招致が決まってから、マラソンを志す若手が出てきてはいる。4月のボストンで3位になった大迫傑(おおさか・すぐる、ナイキ・オレゴン・プロジェクト)ら、まだ記録は2時間10分前後だが楽しみな選手は少なからずいる。一方で、「山の神」と呼ばれた柏原竜二をはじめ、箱根駅伝で活躍し将来を嘱望されていた選手が20代で次々と引退している。彼らのレベルと東京五輪が控えていることを思えば「異常事態」だ。その現状について尋ねると、瀬古は「うーん」と言ってしばし沈黙した。

「ちょっと考えられないよなぁ。何を目標にしてやってきたんだろう。箱根を走れればそれでいいのか……。モチベーションというのは、負けたくないということでしょう。僕は宗(茂、猛兄弟)さんに勝ちたい、だったら宗さん以上の練習をやろうと。自分の負ける姿を見たくないからさ。練習をやったらいい結果が出て、さらにやる気に繋がった。努力すればマラソンは必ずいい結果が出ると思うのに、何でやらないんだろう……」

 顔を上げると、毅然と言い放った。

「もう、そんな選手はいいですよ。自ら進んで泥臭い練習をやってくれる人に五輪に出てほしい。そういう選手がいなくなっていることが危機なんですよ。練習が足りないと言われる時点でマラソン選手は失格です。昔は、もうやめろって監督が止めたんだから。指導者にとって、もっと練習しろと言わなきゃいけないことほど辛いことはないですから」

 そう聞いて、瀬古の10年を思った。17年間務めたエスビー食品の監督をやめたのは2006年春のことだ。選手時代、早大、エスビーと二人三脚で歩んだカリスマ的老師、中村清との24時間陸上に捧げた生活と壮絶な練習は「命のやりとり」と評された。だが指導者としては、国内マラソンで3人の優勝者を出しはしたが、世界と戦える選手は育成できなかった。突き詰めれば、自らがやってきた命がけの覚悟を選手に伝えきれなかったからだ。

 一度は指導者として挫折し、現場に戻るつもりはなかったが、エスビー食品陸上部廃部の憂き目に遭い、2013年からDeNA総監督として現場に復帰。東京五輪で大役を担う。それは、どこか数奇な運命を感じる。

──中村さんとの命のやりとりを伝えたい。

「それしかないでしょう。マラソンは本当に命がけでやる価値のある競技なんです。口で言ってわかるものでもないから難しいけど、言わなきゃもっとわからないから言うしかないよ。わかってくれる人が一人でもいればいい。そういう選手が出てきたら、東京でメダルを獲りますよ」

──中村さんにとってマラソンは戦争だった。瀬古さんも戦争をしているんだという思いで走っていた。

「そういうこと言うと、また古いと言われちゃうけどね(笑)。自分のためだけじゃなく、誰かのため、日本のためという意識は絶対に必要です。若い人にもわかる人がいると信じています。もう、わからなかったらしようがないよ。だって僕はリーダーになったんだから。僕がやるってことはそういうことだから。

 もしダメだったら、他の人がやればいいよ。楽しく勝つマラソンにしてくれればいい。でもね、僕はそれはないと思っている。楽しいマラソンなんてないです」

 雌伏の時を経て、日本の危機に立ち上がった瀬古には、開き直りが生まれているようだった。伝えきれるかどうか、日本マラソンの復活はそこに懸かっている。

【PROFILE】せこ・としひこ/1956年、三重県生まれ。早稲田大学時代に恩師・中村清氏に出会う。箱根駅伝2年連続区間新記録。マラソンでは福岡国際3連覇をはじめ、15戦10勝。五輪には2度出場。引退後は、エスビー食品などでの指導を経て、2013年4月にDeNAランニングクラブの総監督に就任。

※SAPIO2017年8月号