最強の市民ランナーと呼ばれる川内優輝(30歳・埼玉県庁)の平日の練習は午前10時からの約2時間。月間の走行距離は約600キロと、恵まれた環境で月間1000キロ以上走ることも珍しくない実業団選手と比べると少ない。また、週末に海外マラソンに参加した際には、勤務に穴を開けないようにと当日に帰国の途に就き、空港から直接職場に向かうことも少なくない。だが、そんな厳しい環境すら川内は楽しんでいるように見える。

「もちろん働きながらマラソンをしているので、実業団選手に比べれば練習量は限られますが、仕事は午後からで午前中は練習に充てられます。(マラソンについては)誰かにスケジュールを管理されることもなく海外のレースに出たいと思えば有休を使って行くこともできますし、私自身はむしろいまの環境は恵まれていると感じています」

 今年30歳となったが、川内は自身のピークについて「これからの3年くらい」と話す。しかし、暑さを苦手としていることから2019年ドーハ世界陸上や2020年東京五輪を目指すつもりはなく、今回の世界陸上を最後に日本代表からは引退する意向を示している。

「ロンドンの気温は25度前後だと思います。ただ、2019年のドーハや2020年の東京はどう考えても30度を超えてきます。そうなると暑さに弱い私に勝つ見込みはありません。私は代表になる以上は世界と戦いたい気持ちがありますし、それができなければ代表になる意味はないと思っています」

 過去2度出場した世界陸上はいずれも18位と不本意な結果に終わった。だからこそ川内は3度目の正直として周囲の期待に応えたいと意気込む。今回は日本選手団の男子主将にも選ばれた。

「私はこれまで誰よりも多くの失敗をしてきたと同時に、誰よりも多くの経験をしてきました。その経験を生かしメダルを狙いたい」

 年々高速化が叫ばれる世界のマラソンにおいて、多くの日本人選手同様、自己ベストが2時間8分14秒の川内がメダルを狙うのは厳しいとの見方もある。だが、川内はこう反論する。

「世界記録は2時間2分台と言っても、ペースメーカーのいない五輪や世界陸上を振り返れば、そんな高速レースにはなっていません。そこは世界記録と世界大会で勝つということがごっちゃになっている部分がある。

 超高速と言われた2008年の北京五輪で金メダルを取ったワンジル選手のタイムでさえ2時間6分台で、条件の違いはあれ昨年のリオ五輪の優勝タイムも2時間8分台で、2位と3位は約2時間10分です。そうした意味で、私のいつも通りの走りができれば金は無理でもメダルに届く可能性はあると思っています」

 まだ代表の内定が出る前の今年1月、川内は世界陸上の会場となるロンドンのコースを3日連続で試走することで本番へのイメージを膨らませている。レースの前日には特盛のカレーを食べて気合いを入れることがルーティンとなっているが、そのカレー屋の下見も済ませているなど準備に抜かりはない。

「年末年始に自腹でロンドンに行ってきたので、それを無駄にするわけにはいきません。カレー屋も何店か探してあります(笑い)。レースのポイントは中盤以降のペースの変化に対応できるかどうか。30キロまで付いていければ、チャンスは出てくるはずです」

 最強の市民ランナーは、悲願のメダル奪取と、日本代表としての有終の美を飾るべく“最後の大舞台”に臨む。

●かわうち・ゆうき/1987年3月5日、東京都生まれ。埼玉県久喜市立鷲宮中、県立春日部東高を経て学習院大学へ。大学卒業後は2009年に埼玉県庁に入庁し、2014年4月より久喜高校(定時制)の事務職に。フルマラソン70戦で優勝25回。2013年3月のソウル国際マラソンで自己ベストの2時間8分14秒をマーク。五輪出場は2大会連続で逃したが、世界陸上は2011年と2013年に続き、ロンドン大会が2大会ぶり3度目の出場となる。175センチ、62キロ。

■取材・文/栗原正夫 ■撮影/岸本勉

※週刊ポスト2017年8月11日号