クライマックスシリーズ出場に向けて、阪神と熾烈な2位争いを続けている横浜DeNAベイスターズ。不調時も、ラミレス監督が我慢して起用し続けた1番・桑原将志、9番・倉本寿彦の2人が調子を取り戻したことで、筒香嘉智、ホセ・ロペス、宮崎敏郎の強力クリーンアップに繋ぐ体制が整ったことも7月躍進の大きな要因だろう。

 シーズン前、ラミレス監督は筒香、梶谷、ロペス、倉本、桑原の5人をレギュラーに指名。7月21日の試合前には、宮崎にレギュラーを通達した。野球担当記者が話す。

「ラミレス監督の中で、レギュラーの定義はどんなに不調になってもスタメンから外さないこと。他の監督と比べて、レギュラーという言葉の持つ意味は大きい。だから、倉本と桑原がどんなに打てなくても我慢したし、宮崎が6月の段階で規定打席に到達して首位打者に踊り出てもレギュラーを明言しなかった。見極めるまでにかなりの時間を掛けるが、一度決めれば簡単には外さない」

 ラミレス監督が当初レギュラーに指名した5人の中で、唯一期待を裏切っているのが梶谷だ。就任時からラミレス監督は「2番・梶谷」の構想をブチ上げ、打線の目玉としてきた。だが、他の打順と比べて制約のある2番では梶谷の持ち味が発揮できないと考え、自由に打たせようという配慮で、7月2日から7番で起用している。

 それでも、打棒は上がってこない。7月30日まで、7番の打順で2割5分4厘と結果を残せていない。もちろんレギュラーは打つだけでなく、守備や走塁面も重視されるため、強肩、俊足の梶谷は外せない選手ではあるが、期待値が高いだけに2割5分台だと目立ってしまう。

「能力的にはトリプルスリーを達成できる力があるのに、この数字ではファンも納得できないでしょう。かつて3番を任されていた打順も、いまや7番。外野は筒香、桑原、梶谷とレギュラーで固まっているが、控え陣の奮起を促し、チーム力を底上げする意味でも、梶谷がいつまでもレギュラーを確保できるとは限らないのではないでしょうか」(同前)

 梶谷は2012年の中畑清監督就任時から潜在能力の高さを買われ、2013年の夏に大ブレイク。8月には打率4割越えと打ちまくった。だが、レギュラーに定着した2014年からの3年間は規定打席に到達しているものの、2割6分台から7分台に留まり、本塁打も20本に満たない。2014年に39個でキングに輝いた盗塁も年々減っている。

「足が速いので打球を前に飛ばせば、ヒットの可能性も上がるが、7月終了時点で105三振と打撃は粗い。本人は色々試したが、三振数は減らないと割り切っている。それならば、思い切って本塁打か三振かの長距離打者を目指してもいいのでは。何かを変えないと、このまま中途半端な成績で終わってしまう。崖っぷちに立たされていると言っていいでしょう」(同前)

 DeNAのCS進出に向けて、“青い韋駄天”梶谷隆幸は新たな歴史をその名に刻むことができるか。