夏の高校野球は連日、熱戦が続いているが、もう甲子園でその姿を見ることができないのが桑田真澄、清原和博ら多数のプロ野球選手を輩出したPL学園だ。同校の硬式野球部は昨夏で休部に追い込まれた。ただ、この夏、PL学園の「もう一つの野球部」が全国への切符を掴んだのだ。『永遠のPL学園 六〇年目のゲームセット』著者の柳川悠二氏がレポートする。

 * * *
 PL学園の硬式野球部が活動を休止して、はや1年が経過した。今年の3月には日本高等学校野球連盟に「脱退届」を提出して事実上の廃部となり、もはや影も形もなくなってしまった。

 アーチ状に「PL GAKUEN」の文字が2列に並んだあのユニフォームも、「PL」の2文字が組み合わさったロゴマークの帽子も、もう二度と目にすることはない……かと思いきや、そんなことはないのである。

 今夏の甲子園大会の組み合わせ抽選会が行われた8月4日、私は大阪の住之江公園野球場に向かった。春夏通算7度の甲子園制覇を誇る野球部と全く同じユニフォームを着て、同じ帽子をかぶった“軟式”野球部が、全国大会への出場権を賭け、興国高校と大阪大会決勝を戦うのである。

 PL学園の軟式野球部も強豪として知られ、甲子園大会の直後(8月24日〜)に兵庫県の明石トーカロ球場で開催される全国高等学校軟式野球選手権大会にこれまで10度出場している。

 住之江公園野球場に到着したのは、ちょうどプレイボールのタイミングだった。硬式の試合が行われる球場とは違い、同球場は両翼が90メートルで、バックスクリーンまで110メートルしかない。3塁側の応援団席は、興国の生徒や関係者で立錐の余地がないほど埋まり、一方、1塁側のPL学園応援席は、まばらにしか人がいない。

 試合は両校にヒットが出ず、7回途中まで両校エースが無安打投球。大きな動きもないまま終盤に入っていく。

 先に安打が飛び出したのがPL。7回裏に四球と中前打で無死一、二塁のチャンスを作ると、相手遊撃手のエラーで1点を先制。PLのエース・殿納遼生(とのう・りょう)は8回表に初安打を打たれるも、虎の子の1点を死守し、PLが4年ぶりに大阪の頂点に立った。

 試合終了から校歌が流れている間、PL学園を率いて32年目となる斉藤大仁監督(56)の目には涙があった。

「硬式野球部が廃部になったことを卒業生が悲しんでいます。私たち軟式野球部だけでなく、世界大会に出場するバトン部、男女がインターハイに出場する剣道部が頑張ることで、卒業生に明るい話題を届けたかった。関心を寄せてくださっている方々が、どれだけ喜んでくださっているかなと考えたら、自然と涙が流れました」

 PL学園に入学するにあたっては、両親共々、学園の母体であるパーフェクトリバティー教団の信者でなければならない。かつて全国から有望選手が集まってきていた硬式野球部の部員は、ほとんどがもともとの信者ではなく、入学にあたって両親と共に入信していた。一方、軟式野球部は信者の2世やPL学園中学から軟式野球に励んでいた生徒が集まってきていた。入学、入部までに信仰心の培われている軟式野球部員に比べ、どうしても硬式野球部員の信仰心は乏しい。それが廃部問題に影響したことは言うまでもないだろう。

 昨年、硬式野球部が最後の試合に敗れた直後に発刊された教団の機関紙「芸生新聞」(16年7月25日号)には、あれほどテレビやスポーツ新聞が注目した硬式野球部の最後の試合は中面に小さく紹介されているだけで、「休部」「廃部」といった言葉はひとつもなかった。そして、その号の一面に大きく載っていたのが、信者の修行の場である新錬成会館で激励を受ける軟式野球部員たちの姿だった。

 硬式野球部の廃部の判断を下したのは、学園の幹部であり、教団の幹部たちである。彼らの中で、信仰に熱心な生徒が励んでいる軟式野球部を手厚く支援していこうという姿勢が、紙面からも伝わってきていた。

 硬式野球部が使っていた専用グラウンドは現在、軟式野球部が使っているという。偶然、その光景を見た硬式野球部のOBは、怒りに震える感情を私に伝えてきた。

「僕らにとって神聖な場所。そこを汚されているような気がします」

 あのグラウンドも、その脇にある研志寮も、そして室内練習場も、取り壊される予定ではなかったか。斉藤監督は言う。

「工事が始まるまでは、空いているグラウンドを使って良いということで、大いに利用させてもらっています。撤去の時期は分かりません。その辺の話は、我々はノータッチなので」

 昨年5月に完成した屋内多目的施設も軟式野球部は使用している。

「専用というわけではありません。中学の軟式野球部と一緒に使わせてもらっています。いつも空いているんでね。確かに硬式野球部が廃部となったことで、練習環境はより良くなったかもしれません」

 しかし、軟式野球部もいずれ硬式野球部と同じ道をたどることになるかもしれない。

 軟式野球部に所属する男子部員は、3年生と1年生が3人ずつ。2年生は11人いるが、3学年あわせても17人(そのうちの1人は幽霊部員)しかいないのだ。高校の生徒数は3学年あわせても160人ほどで、新たな新入部員は見込めない。PL学園中学の軟式野球部も部員不足は深刻で、来春の高校入学後も軟式野球を続ける意思のある選手はわずか2名だという。現在の2年生が引退する来夏以降、軟式野球部は単独チームでは試合ができない状況に陥るかもしれないのである。斉藤監督が嘆息する。

「去年のチームも新チームの頃は部員不足が心配された。もし部員不足となれば、連合チームになることも考えられるでしょう」

 8月1日には、PL教団にとって1年で最も重要な教祖祭PL花火芸術が行われた。大幅に減少しているとはいえ、全国から信者が集まるこの神事に、軟式野球部員も参加した。

 そして翌日の早朝は、花火会場となるゴルフ場を練り歩き、花火の残骸を拾って集めた。信者の間で「ガラ拾い」と呼ばれるこの奉仕活動は、かつて硬式野球部の部員たちにとっては屈辱的なことだった。なぜなら、甲子園に出場すれば免除となるからだ。「ガラ拾い参加」は即ち、「甲子園の夢が絶たれたこと」を意味するのである。

 軟式野球部員たちにとって、今年の8月2日は準決勝を翌日に控えた大事な時期だった。それでも部員たちは、早朝5時に起きて、ガラ拾いに参加し、9時には練習を開始したという。主将の古市粘(ふるいち・つくる)が言う。

「ガラ拾いしたことによって、徳を積むことができ、勝利に導かれたと思います。大阪大会を勝ち抜けたことは、選手、周囲の方々のしきり(祈り)のおかげ。硬式がなくなったことで、自分ら軟式野球部に期待してくださっている。硬式野球部の分まで頑張ろうと思っています」

 同じユニフォームを着ていても、あの名門野球部とは似て非なるPL野球がそこにあった。