『三井住友VISA太平洋マスターズ』(11月9〜12日)で今季2勝目を挙げ、男子プロゴルフの賞金ランクトップに躍り出た小平智(28)。トーナメント会場で小平より目立っていたのは、7歳年上の姉さん女房・古閑美保(35)だった。コースでは誰より大きな声で声援を送り、表彰式では小平とともに優勝トロフィーにキスをしてみせた。

 すでにゴルフ界では「古閑の“あげまん”ぶりは半端じゃないと評判になっている」(ツアー関係者)という。

 今年3月に結婚、今年12月24日に披露宴を行なう予定の小平と古閑だが、同棲を始めたのは4年前の2014年から。古閑と付き合い始めてからの小平の成績の急上昇が凄い。2014年には賞金ランク21位・獲得賞金4791万円と“並”の選手だったが、翌2015年には同9位(6677万円)、2016年は6位(8367万円)と右肩上がり。今季はランク2位の宮里優作(37)に2000万円の差を付け、賞金王に最も近い位置にいる。

「小平プロは“目標は賞金王になってマスターズ出場、そして米ツアー挑戦”と公言している。“アンタならできる!”と古閑さんがハッパをかけているようだ。

 彼女は“世界を狙う強い男が大好き”と公言してはばからない。それは行動にも表われている。栄養学のスクールに通ったり、タイに留学してスポーツマッサージの勉強をするなど夫をサポートするために日々努力している。今回も、バンカーに苦戦していた小平プロに古閑さんが“もっとフェースを開いたら”とアドバイスしたのが大きかったようです。最終日の17番ホールでは、バンカーからピンそば30センチに付けるスーパーショットで優勝を手にした」(ゴルフ担当記者)

 プロゴルファーの沼沢聖一氏は、「賞金女王になった経験もある古閑さんの存在は技術面だけでなく精神面でも大きいだろう。これほど心強いメンタルコーチはそういない」と評する。

 古閑はかつてダルビッシュ有(31)や西岡剛(33)とも交際が報じられた。2人の年下アスリートは交際報道からまもなくメジャーに挑戦し、野球選手として大きく羽ばたいている。“恋多き女”だった古閑が小平を選んだのはなぜなのか。

「決め手は“酒の強さ”だったらしい。古閑さんの酒豪ぶりは有名で、彼女は常々“普通の男性の飲み方じゃ物足りない”と思っていたらしい。小平も大の酒好きで意気投合。豪快な飲みっぷりにすっかり惚れ込んだようです」(前出・ゴルフ担当記者)

 今季ツアーは残すところ2試合。夫婦で「勝利の美酒」に酔えるだろうか。

※週刊ポスト2017年12月1日号