本日はいよいよグランプリ有馬記念。キタサンブラックの引退レースということもあって大いに盛り上がり、パドック回りは早くからファンで埋まりそうだ。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」から、パドックの役割についてお届けする。

 * * *
 出走馬の登場を今か今かと待ち構えている大勢の人間たち。しかしそこに登場する馬に誇らしい思いはありません。いつも面倒を見てくれる厩務員が寄り添ってくれているけれど、不安でいっぱいのはずです。

 パドックでの周回はリラックスするのが理想。リラックスしながらも、我慢させています。首を激しく振ったり跳ねたりして馬っ気を出す馬を時おり見ますが、レースに向けての我慢ができていない。パドックでじっとエネルギーを溜めることが大事です。

 GIレースでは、周回中のパドックの中に馬主さんや調教師が歓談しながら愛馬の様子を眺める光景がおなじみです。途中からジョッキーも輪の中に入って華やかな雰囲気を演出しますが、その他のレースのパドック周回は緊張感の中で淡々と行なわれますね。

 締切15分ほど前になって「とまーれ!」の号令がかかった後、調教師が馬に駆け寄ります。ジョッキーたちも整列して一礼し、小走りにそれぞれの騎乗馬に向かう──パドックではお馴染みのシーンです。

 古くからの競馬ファンにとっては、調教師になったかつての名ジョッキーの姿を見るのが楽しみかもしれません。現役時代同様軽やかに馬に走り寄る若手もいれば、体型がすっかり変わってしまった(笑い)ベテランもいます。みな、これからレースに臨む愛馬の状態を確認しにいくわけです。

 馬に駆け寄って何をするのかというと、馬具がきちんとしているかどうかの確認。馬場に入ってハミが抜けたりするトラブルの可能性もあります。

 そして、レース直前にジョッキーに会っておくことが重要。騎乗やレースの指示などは一切しませんが、ジョッキーと目を合わせる。ファンの目前で馬とジョッキーに接する姿もきちんと見せたいのですね。

 その一方で、馬に人が駆け寄っていかない場合が見受けられます。前のレースに騎乗しているジョッキーはパドックには出てこられないことがありますが、そのうえ調教師も現われないことがある。管理馬が複数の競馬場で出走する場合は、臨場の資格を持った助手がいるはずですが、それも出てこないことがありますね。このときの競走馬は、どこかポツネンとして寂しげな感じがします(馬は決して寂しいとは思っていないのですが)。

 ジョッキーのほうはともかく、その競馬場に調教師が臨場していれば、通常は出ていきます。

 まず、調教師や助手などの厩舎関係者は最低2人いなくてはいけない。馬を引く人間(厩務員が多い)以外に1人。騎手変更などの手続きが生じた場合の最低の頭数です。だからジョッキーの後に誰も続かないのは、そういった手続きなどの理由があるのでしょうか。あるいは、次のレースの出走馬に何か気になることがあったのかもしれません。

 私は必ず出ていきます。

 パドックは晴れ舞台。「何番、よさそうだね」とファンに思われるよう、馬を輝かしく見せるというのが角居厩舎のポリシーです。パドックの様子でオッズが上がるような。そこに調教師が一役買いたいものです。

●すみい・かつひこ/1964年石川県生まれ。2000年に調教師免許取得、2001年に開業。以後15年で中央GI勝利数23は歴代3位、現役では2位。今年は13週連続勝利の日本記録を達成した。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカなど。本シリーズをまとめた『競馬感性の法則』(小学館新書)が発売中。

※週刊ポスト2018年1月1・5日号