臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、連日テレビで見ない日はない、角界のゴタゴタについて言及。

 * * *
 年をまたいで、まだまだ続きそうな元横綱・日馬富士関による傷害事件。暴行を受けた平幕・貴ノ岩関の師匠、貴乃花親方が相撲協会の聴取要請を拒み続けるなど、協会と貴乃花親方の対立がますます鮮明になっている。

 20日には、両国国技館で相撲協会の臨時理事会が開かれたが、テレビに映し出された貴乃花親方は、これまで同様、椅子の背に深くもたれて胸を張り、硬い表情ながらあごを上げ、ふんぞり返ったように座っていた。貴乃花親方の母、藤田紀子さんは「姿勢が良すぎてふんぞり返っているように見えるけど、ふんぞっているんじゃない」と、某番組で擁護するようなコメントをしていた。だがはた目には、この姿勢は理事会との対決姿勢を象徴していように見えるだろう。

 長テーブルをはさんでずらりと座る理事の面々。椅子に深く座り、背にもたれている親方も多いが、どの親方もふんぞり返っているようには見えない。貴乃花親方だけが、そこから浮いているのだ。

 なぜ、貴乃花親方だけがそう見えるのかというと、テーブルから頭までの距離が、他の親方よりも離れているからだ。人はストレスのあるものやマイナス感情を抱くものを避けたいと思うと、そこから無意識に身体を遠ざけようとする。テーブルから遠いということは、それだけ理事会へのマイナス感情やストレスが強いように見える。

 貴乃花親方は、胸を張って背筋を伸ばしているが、肩甲骨をぴったり背もたれにくっつけるようにして、肩を大きく開いている。だから余計、ふんぞり返ったように見えるのだが、このような姿勢は人の心を強くさせるのに効果があるといわれている。人の心は、自分がとっている姿勢に大きな影響を受けるからだ。

 これはパワーポーズと呼ばれる姿勢だ。自信を持ってプレゼンしたい時や面接を受ける時など、その前に、足を広げ腰に手を当てて胸を張って立つポーズや、握りこぶしを作ったり、貴乃花親方のような姿勢をすると、気分が上がり強気になれるというもの。

 硬い表情で口をまっすぐに結んだ八角理事長の真正面の席に、パワーポーズの貴乃花親方が座っている。真正面に向きあう席は、心理的な緊張を最も高め、意見を言い合う、競い合う時に適しているといわれる位置だ。身じろぎもせず、表情を変えることなく対面する2人がまっすぐ見合っているのだから、画面を見ているこちらには対決の構図にしか見えない。そのため、貴乃花親方の沈黙に余計に特別な意味を感じ取るのである。

 沈黙の意味を探ろうと、人はあれこれと憶測する。問題が発覚した当初は、関与した人が誰も口を開かなかったこともあり、その場にいた力士から話を聞いたという人たちが、こぞって情報提供をしていた。ビール瓶で殴ったという情報を始め、八百長に関する話や理事長選に絡む話など、次から次へと噂が出てくる。

 信ぴょう性があるのかないのかわからない情報でも、時間が経つうちに情報そのもののインパクトだけが残って、説得力を増してしまうことを「スリーパー効果」という。貴乃花親方の沈黙によって様々な噂が立ち、スリーパー効果でさらに世間の関心を引き続けているというわけだ。それは同時に、相撲界の抱える問題を浮かび上がらせてもいる。だが何より貴乃花親方自身が、自分はこういう親方でこういう人間だと印象づけているという気さえする。

 沈黙は、何も話さない何も伝えないということと同じではない。人と距離を取りたい時、人は沈黙したままでいることで心理的距離を作り出すことができる。相撲協会とも、マスコミとも心理的距離を取るというのが、今の貴乃花親方の意思なのだろう。

 さらに沈黙には、相手の意見や決定に直接反発することで相手の体面を傷つけたくないという、心理的な含みがあるといわれる。この含みは、相撲界にある独自ルールに則っているような感じもする。上の者がこうと言えばそれに反論はできず、下の者はただ黙っているのみ。貴ノ岩が殴られていても、白鵬が止めなければ、他の力士が日馬富士を止めることなどできないという暗黙の了解と同じだ。

 だとすれば、同じ土俵に上がって対決しようとしても、最初から勝負の結果は見えている。理事でありながら警察に捜査を委ねたのには、そういう理由もあるのだろうか…?などと、貴乃花親方の沈黙をいいことに、こちらもあれこれ推測したくなってくる。

 21日に行われた再発防止の研修会では、厳しい表情のまま、評議委員会の池坊保子議長の話に耳を傾ける貴乃花親方の姿があった。でも八角理事長の話には、眼光鋭く冷ややかな顔で、いくぶん首を傾げるような仕草を見せていた。協会への不信感は、未だ拭えないのだろう。

 貴乃花親方の処分は28日の臨時理事会まで、先送りになった。貴ノ岩の聴取を許可したり、これまで出していなかった人材育成契約を結ぶ誓約書を提出するなど、態度を軟化させているという報道もあるが、果たして何が真実なのか、依然、貴乃花親方の胸の内はわからない。まだしばらくは、スリーパー効果が続きそうな相撲界だ。