白鵬、稀勢の里の2横綱が連敗から休場となった大相撲初場所の土俵。土俵上の異変と連動してか、場所後の日本相撲協会理事選をめぐり、八角理事長(元横綱・北勝海)ら協会執行部側と、貴乃花グループとの暗闘も激しさを増している。緊迫の情報戦が続く中、注目されるのは八角理事長側につくとみられていた一部の親方衆が「離反」の動きを見せていることだ。

「動向を注視されるのが、学生力士出身の親方衆です。現在、学士親方は32人を数え、全親方の約3分の1を占めますが、現行体制に不満を持つ親方が多いとされています」(ベテラン記者)

 意外なことに、学士力士で横綱まで昇進したのは、第54代横綱・輪島(日大出身)の一人だけ。

「角界は学歴ではなく現役時代の最高位で親方としての発言力が決まる世界。学生出身力士は幕下付け出しデビューなどで途中までは出世が早いが、アマチュア特有の脇の甘さからか、三役どまりのケースが多い。

 入門後に付け人の経験などなく、叩き上げの親方衆とは折り合いが悪い。東京農大出身の時津風理事長(元大関・豊山)の時代には、新しい試みを打ち出すたびに“大学出の考えることは分からない”と、叩き上げの理事たちから批判を浴びました」(同前)

 発言力の小さい学士親方たちは、不遇を打開できるとみてか、貴乃花親方の「協会改革」に同調する傾向があるのだ。

「学士親方グループをまとめる存在といわれるのが定年延長で参与として協会に残る常盤山親方(元関脇・舛田山、拓大出身)で、すでに貴乃花一門の千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)に部屋を譲っている。出羽海一門の木瀬親方(元前頭・肥後ノ海、日大出身)や尾上親方(元小結・濱ノ嶋、日大出身)は、人気力士を育てながら新興部屋のため一門内で力がなく、貴乃花親方に近いとされる」(同前)

 他の一門でも、東農大出身の時津風親方(元前頭・時津海)や日大出身の追手風親方(元前頭・大翔山)など、貴乃花シンパとみられる親方衆には学生出身の親方が少なくない。

「このグループには、出身大学を超えた“横のつながり”がある。連携できれば、少なくとも2人、理事を出せる。今のところ様子見の親方も多いが、理事経験者の高砂親方(元大関・朝潮、近大出身)や副理事の藤島親方(元大関・武双山、専修大出身)あたりまで巻き込んで学生出身親方で新一門を立ち上げ、貴乃花グループと組むようなことになれば、八角支配をひっくり返すことは十分に可能だ」(同前)

※週刊ポスト2018年2月2日号