7月13、14日に開催されるプロ野球オールスター戦に向けて、今月末からファン投票が始まるが、投票のマークシート用紙に中日の松坂大輔(37)がノミネート選手として記載されることが判明し、話題を呼んでいる。

「マークシートという方式のため、ノミネートされた選手が票を伸ばす公算は高い。松坂の成績は、4月に本拠地で3試合投げて1勝をあげただけだが、中日のホームゲームの観客動員数は前年比18.3%の大幅増。間違いなく“松坂効果”です。地元の組織票も動くから、今後の投球内容次第では最多得票での選出まであり得る」(地元紙記者)

 しかも、松坂だけではない。今季はオールスターに選ばれそうなベテラン勢の活躍が目立っている。

 セ・リーグでは、阪神の福留孝介(41)と糸井嘉男(36)がいずれもクリーンアップを任され、メッセンジャー(36)が先発、藤川球児(37)が中継ぎの中核を担っている。他にも、昨年までメジャーリーグでプレーしたヤクルト・青木宣親(36)と巨人・上原浩治(43)の“日本球界復帰組”が控えている。一方のパ・リーグには、5月9日に通算2000本安打を達成したソフトバンク・内川聖一(35)、同じく今季中の2000本安打達成が見込まれるロッテ・福浦和也(42)と、“オーバー35”の選手が揃い踏みなのだ。

 オールスター休みはベテラン勢にとって、“貴重な休養”にも思えるが、実際のところはどうなのか。

 1989年のオールスターに39歳8か月で出場し、最高齢勝利を飾った村田兆治氏はむしろ、長く活躍するには「どんどん出場を目指したほうがいい」と語る。

「ベテラン勢は“オールスターまできちんと投げていないと来年はない”という考え方をすべき。それがプロ意識でしょう。松坂には勝利数より、試合でいかに存在感を見せるかを頑張ってもらいたい。オールスターにも出て活躍すれば、それをきっかけにもっとピッチングもよくなると思う。今季選ばれなくても、2年後のオールスターで、松坂に俺の記録を抜いてもらいたいね」

 オールスターで最高齢勝利をあげた1989年、村田氏は3回目の最優秀防御率のタイトルを手にしている。

 今年、球宴をきっかけにさらに派手な“最後の花火”を打ち上げるのは誰になるか。

※週刊ポスト2018年5月25日号