2017年は最弱といわれた国鉄時代を含めても球団記録となる「96敗」という歴史的大敗を喫した東京ヤクルトスワローズ。そんなどん底状態の立て直しを託されたのが、宮本慎也ヘッドコーチと石井琢朗打撃コーチの両氏である。ともに1990年代を代表する遊撃手として知られる名手だ。同い年でもある彼らは、どのように現状を把握し、チームを再建しようとしているのか。対談は5連敗を喫し、借金10となった翌日の5月25日に実施。2人の記念撮影から始まった。

──笑顔でお願いします。

宮本:こんな時に笑顔……しんどいなあ。取材のタイミングが悪いよ(苦笑)。

石井:区切りの借金10か……今日は暗い話になっちゃうんじゃないかな(苦笑)。

──気を取り直して、まずはお2人の関係性から聞かせてください。同い年のお互いの呼び方などは?

宮本:僕は「琢朗」と。

石井:僕も現役時代は「慎也」でした。ただ今は上司なので「ヘッド」です(笑い)。でも現役時代、特に交流はなかったんですよね。

宮本:うん、グラウンドで少し喋る程度。ただ、もちろん意識はしていましたよ。琢朗のほうが先にプロで活躍していたので、負けたくない気持ちは強かった。

石井:同じポジションにヘッドがいるから、ゴールデングラブ賞が獲れないんですよ。

宮本:その代わりベストナインはいつも琢朗だった。

──1人でダブル受賞は。

宮本:1回あったよね。琢朗が優勝した1998年。

石井:うん。でもあの年は、実は現役生活の中で最多失策を記録しているんですよ。なのに受賞。あれは完全な“ご褒美”ですね。

──さてそんな名手と呼ばれたお2人が、今季からヤクルトのコーチに就任しました。開幕連勝スタートも、現在は最下位です。

宮本:投打がかみ合っていないのは確かですね。点を取ったらそれ以上取られて、投手が抑えると打てない。弱いチームの典型的なパターンです。予想していたよりも「できていない」。なにせ凡ミスが多い。一生懸命やっても誰でもミスは出ますが、ウチはあまりにも顕著に出ています。

──石井コーチは昨年までセ・リーグ2連覇中の広島を指導しました。直接比較は無理だと思いますが……。

石井:現時点でカープと比較すると萎えてしまいますよ(笑い)。カープとは違う、と割り切らないといけないんだけれど、どこかで「もっとできるはず」と期待する自分もいて、その狭間でもがいていますね。大切なのは、選手がどんな意識を持ってグラウンドで戦っているか。

 その点、昨年の96敗の影響がまだ残っているように映ります。負け癖が染みついてしまっている。切り替えは大事だけれど、簡単に「ハイまた明日」となってしまうんです。僕らからしたら、「今日しっかりやっておかないと明日はないぞ」という思いが強いんですが。

宮本:試合の最後の最後、「ここで踏ん張れ!」ってところで、「今日はダメだ」という気持ちが透けて見えるんだよね。キャンプでは、他チームに負けない練習量を積んできたという自信を持ってほしいんだけどね。

──今年の春季キャンプは例年に比べて質・量ともに充実し話題にもなりました。

宮本:今の試合ぶりを見ると、あの厳しい練習を忘れてしまっているのかなと感じますよ。現状がこうだということは、あのキャンプを2〜3年続けないと本当の強さは手に入れられないのかな、とも感じています。

●みやもと・しんや/1970年、大阪府出身。同志社大学卒業後、プリンスホテルを経て1994年にヤクルトに入団(逆指名)。堅守巧打の選手として活躍し、2012年に通算2000本安打を達成したほか、ゴールデングラブ賞を遊撃手で6回、三塁手で4回獲得。ベストナインも三塁手で一度獲得している。2013年に現役を引退。生涯成績は打率.282、2133安打(実働19年)。

●いしい・たくろう/1970年、栃木県出身。1988年に足利工業高校からドラフト外で横浜大洋に入団。入団時は投手だったが1992年に野手に転向。内野手として定位置を掴み、遊撃手でベストナイン5回、ゴールデングラブ賞を三塁手で3回、遊撃手で1回獲得した。2006年に通算2000本安打を達成。2012年に現役を引退。生涯成績は打率.282、2432安打(実働24年)。

●聞き手/田中周治(スポーツジャーナリスト)

※週刊ポスト2018年6月15日号