血のつながりがない親たちに愛情を注がれ、大切に育てられた17才の女の子が主人公の小説『そして、バトンは渡された』(文藝春秋)が、第16回本屋大賞を受賞した。著者は、デビュー以来「悪人が出てこない小説」を書いてきたと言われる瀬尾まいこさん(45才)。

 そんな瀬尾さんの素顔を知るべく、7つの質問に答えていただいた。

Q1:最近読んで面白かった本は?

 絵本でもいいですか。『わくせいキャベジ動物図鑑』。編集者のかたが送ってくださって、娘も私も夫もハマりました。

Q2:新刊が出たら必ず買う作家は?

 文庫本しか買わないんですが、湊かなえさんの本はよく読みます。大学の卒論は山本周五郎の『さぶ』について書きました。

Q3:好きな映画は?

『ボヘミアン・ラプソディ』。クイーンのファンになりました。妹が先に見て、「子供は見とくから見ておいで」と言ってくれて、夫と2人で行ってきました。何度も見返すのは『ショーシャンクの空に』と『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』。

Q4:趣味は何ですか?

 食べるのは好きです。おいしいものを食べたいと思いながらネットを見るのも好きで、どこかに出かけるとなったら付近にあるおいしそうなものを調べて出かけます。自分で料理するのは、いまはただただめんどくさい。娘の好きなものと夫の好きなものが違うので、両方を同時には満足させられず、どうしても娘優先でつくりますね。

Q5:一番リラックスする時間は?

 家にいて、夫が帰ってくるとほっとするかな。すごい夫が好きとかじゃなくて、ものすごく天然な人なので、帰ってきたら「今日も無事だった」ってほんとにほっとするんです。

Q6:1日のスケジュールは?

 7時に起きると夫は出勤しています。娘と一緒に朝ご飯を食べて、一通り家事をして、娘を送り出したらぼーっとして、ちょっと仕事します。娘が帰ってきたら、ちょっと庭で遊んで。夜ご飯は娘と食べて、お風呂に入れてるころに夫が帰ってくる。9時ごろに寝ますが、元気なときはその後、テレビを見ます。

Q7:奈良でおすすめのスポットを教えてください。

 奈良はいいところがいっぱいあるのに、アピールがめっちゃ下手じゃないですか。だからそう言われると焦りますね。でも大仏とか奈良公園はみんな知ってるし。奈良県庁の屋上からは、いろんな歴史的建造物が見られるので奈良公園に行く人は県庁の屋上に上ってみてください。お昼ご飯も食べられます。奈良公園だと鹿が寄ってくるけど、屋上だとゆっくり食べられるのでおすすめです。

【プロフィール】
瀬尾まいこ/せお・まいこ。1974年大阪府生まれ。2001年「卵の緒」で坊っちゃん文学賞大賞を受賞し翌年デビュー。2005年『幸福な食卓』で吉川英治文学新人賞を、2009年『戸村飯店 青春100連発』で坪田譲治文学賞を受賞。最新作は『傑作はまだ』。

※女性セブン2019年4月25日号