2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて、新しいホテルが続々オープンしている。なかでも、ライフスタイルを体感できたり、キャラクターの世界観に入り込んだり、“滞在”そのものが旅の目的となるホテルが大きな注目を集めている。まずは、4月4日にオープンしたばかりの『MUJI HOTEL』へ潜入!

■MUJI HOTEL GINZA
住所:東京都中央区銀座3-3-5 6〜10階
料金:「タイプA」1室1万4900円〜(2名の場合+5000円)

 中国の深セン、北京に続き、世界3番目となる『MUJI HOTEL』が東京・銀座にオープン。銀座の一等地にドンとそびえ立つ10階建てのビルは、地下1〜5階が『無印良品』の日本最大級の旗艦店で、6〜10階が『MUJI HOTEL GINZA』と、全フロアがMUJI一色に。

 ホテルは9タイプ79の客室を備え、各部屋には『無印良品』の寝具、家具、家電などが揃う。銀座の真ん中で、『無印良品』の商品の使い心地を体感しながら、家でホッとくつろぐような心地よい時間を過ごせるギャップも魅力。

 目指したのは「アンチゴージャス、アンチチープ」とあって、1人約1万円から銀座に泊まることもでき、繁忙期の価格変動も一切なし。既に3か月先まで予約が殺到する盛況ぶりだ。

■そわか(SOWAKA)
住所:京都府京都市東山区下河原通八坂鳥居前下ル清井町480
料金:本館 スタンダード 1室(2名)3万2400円〜(サービス料別)

 京都・祇園にひっそりと佇む『そわか』は、大正時代に建てられた約100年の元老舗料亭を丁寧にリノベーションし、趣のあるホテルへと生まれ変わった。敷地には本館11室、新館12室の部屋があり、庭や茶室を備えた個性豊かな客室で、京ならではの風情ある滞在を味わえる。

 欄間や小窓、襖は、部屋ごとに意匠や素材が異なり、和の職人たちの高い技術と遊び心が感じられる。

■PEANUTS HOTEL
住所:兵庫県神戸市中央区中山手通1-22-26
料金:1室 3万2400円〜

 異人館や旧居留地が立ち並ぶ異国情緒あふれる神戸に昨年オープン。「お客さんが居心地よく思ってくれるうちをもってるってのは素敵だな」というスヌーピーの一言がこのホテルのテーマ。「IMAGINE」「HAPPY」「LOVE」の3つのフロアに分かれ、スヌーピーのコミックをコンセプトに全18室が全て異なるデザインに。どれもキュートで、全部の部屋に泊まってみたい!

 水色の部屋は「本物のサーファーだ!」と海に飛び込むスヌーピーのコミックがテーマ。砂浜をイメージした床材やレトロデザインのサーフボードで、ビーチにいるような雰囲気に。他にも野球をしたり、月に行ったり、愛らしいスヌーピーに何度でも会いたくなる。

■hotel koe tokyo
住所:東京都渋谷区宇田川町3-7
料金:Sルーム(2名利用) 5万9376円(宿泊税別)

 昨年、渋谷の公園通りに登場。ライフスタイルブランド『koe』が手掛けたホテルとあって話題を集め、土日はほぼ満室状態に。明るく開放的な1階のカフェ、2階のショップとは対照的に、3階のホテルはグレーを基調としたシックで静寂な空間。パジャマやマグカップは2階のショップで購入もでき、『koe』が提案するライフスタイルを泊まりながら体感できる。

 現代的に解釈した茶室がコンセプト。石や木を素のまま使い、日本が誇る凜とした美しさを表現している。部屋のサイズをS、M、L、XLと表記するのは、アパレルブランドならでは。

撮影/玉井幹郎、辻村耕司、深澤慎平

※女性セブン2019年4月25日号