医者にかかると、患者は「熱が出た」「頭痛が激しい」など自覚症状を伝える。医師はその時、患者が訴えたいくつかの症状の“組み合わせ”で重病の可能性を見極めている。だからこそ「今日はどうされましたか?」という質問は重要なのだ。

 例えば、“ぐるぐる回る”“立ちくらみ”などと表現することが多い「めまい」は、「何をしていた時に」「どれくらい続いたか」が重要だという。『診断力を鍛える! 症候足し算』(羊土社)の著者で、富山大学附属病院総合診療部准教授の北啓一朗医師(総合内科)が説明する。

「『朝起きて枕から頭を上げた時に起こった』などの“誘因”や、『1分くらいでおさまった』『ずっと続いて這って歩くほどだった』などと“持続時間”を伝えると医師が判断しやすい。さらに『まっすぐ歩けない』『しゃべりにくい』『吐いても症状が改善しない』『頭痛』などの症状を伴う場合は、いずれも重大疾患の可能性があるので、早期に受診してください」

 自覚症状があっても、時間が経っておさまった場合には、医者にかからないという患者も多いだろう。しかし、「症状が和らぐしびれ」には注意が必要だ。

「『手足のしびれや脱力』『ろれつが回らない』といった症状の場合は、たとえ10分程度で治まったとしても注意が必要です。一過性脳虚血発作といい、脳梗塞に移行しやすい状態が考えられます。受診時には症状がないことが多いので、発症時の病歴が大変重要になります」(同前)

「動悸・息切れ」は“年のせい”と放置しがちだが、軽く考えてはいけない。

「脈の乱れを伴っている場合、不整脈の一種である『心房細動』の可能性があります。心房細動が続くと血流が乱れて血栓ができやすくなり、脳の血管に詰まって脳梗塞を起こしたり、心臓のポンプ機能が低下し、心不全を悪化させる一因となります。

 階段で息切れがひどくなった、などの自覚症状がある方は、一度脈を測ってみることをお勧めします。親指の付け根あたりから手首の動脈を30秒ほど触って、不規則な脈の打ち方をしている場合は心房細動かもしれません」(同前)

※週刊ポスト2019年8月16・23日号