ここ最近、「コンサートに行けなかった」、「旅行先が雨だった」、などといった、ピンポイントな“困った”をカバーするミニ保険(少額短期保険)が続々登場し、急成長中だ。具体的には一体どんな保険なのだろうか。

◆旅行先が雨続きで連休が台なしに!

『お天気保険』(ジャパン少額短期保険)

 せっかくの旅行が雨で台なしになってしまったという経験は誰にもあるはず。そんな時に役立つのが『お天気保険』だ。

【内容】
 お天気保険付きプランを設けている旅行会社(H.I.S.国内旅行)や、宿泊予約サイト(ベストリザーブ)で加入可能。加入した旅行先で雨が降った場合に、返金補償を受け取ることができる(日帰りバスツアーは除く)。

【加入料】
 旅行会社によって異なるが、たとえばH.I.S.国内旅行『お天気あんしんプラン』の、加入料500円の定額プランSの場合、旅行日程の中から雨が降る時間帯を3時間と予想し、実際に3時間以上の雨が降った場合、2500円が旅行代金から返金される。6時間の予想なら5000円、10時間の予想なら1万円が返金に。旅行開始日4日前までに申し込みが必要だ。

◆登山中に遭難してしまった!

『レスキュー費用保険』(日本費用補償少額短期保険)

 中高年に人気の登山。だが、遭難事故のリスクに備えることも必要だ。特に捜索・救助を民間に依頼した場合、人件費やヘリコプターの使用料などで莫大な費用がかかってしまうこともある。そんな時は『レスキュー費用保険』がおすすめ。

【内容】
 日本国内での野外活動(海を除く)中に遭難事故にあった際、捜索・救助にかかった費用を補償する保険。スキーや渓流釣りなど、登山以外でもOK。滑落、道迷い、病気、落石、雪崩、悪天候など遭難の原因や、季節、場所も選ばないのが特徴だ。

【保険料】
 一律年間4000円で、保険期間は1年間。支払保険金は事故の種別・大小によって異なるが、最大300万円まで。また、遭難の捜索・救助で費用の請求がなかった場合でも、5万円の保険金が支払われる。

イラスト/亀川秀樹

※女性セブン2019年11月7・14日号