NHK朝ドラ『スカーレット』のヒロインで注目されているのが女性陶芸家たち。美と実用に挑む凛々しきアーティストたちは、なぜ陶芸家の道を歩んだのか?

 石川県輪島市で制作活動を続ける松本かおるさん(47)は東京都で生まれた。2008年、備前陶芸センター修了後、備前焼作家・星正幸氏に師事。2017年、石川県輪島市に移住して制作活動を続けている。

「34歳になるまで東京の一般企業で働いていました。陶芸家としてのスタートは人より遅かったのですが、天職に出会えたと思っています。

 もともと食に興味があったことから、器が好きになって、自分でも作りたいと陶芸教室に通うようになりました。習い始めると面白くて、何の迷いもなく仕事を辞めて、岡山にある備前焼の学校に入学しました。一昨年から輪島に移住し、漆を施した作品にも取り組んでいます。

 作る楽しみだけでなく、使う楽しみもあるのが陶芸の魅力。たとえばお酒を美味しく飲めるようにと作ったカップでも、実際に使えばより良い形が見えてくるもの。自分で使いながら改良を重ね、美味しくなる器を作っていきます。作品に酒器が多いのは、お酒が好きだから(笑い)。作品は日々の生活の中から生み出されていくものですね」

◆一子相伝の伝統技法を守っていきます

 田村星都さん(39)は石川県小松市に工房「陶窯田村」を構える。九谷毛筆細字四代目で、父である毛筆細字三代目・田村敬星に師事し、2007年、九谷焼技術研修所実習科修了の田村さんはいう。

「『九谷毛筆細字技法』は九谷に古くから伝わる一子相伝の技。父である三代目・田村敬星の技を受け継ぎ、極細の筆を用いて、九谷焼の磁器に百人一首や古今集の和歌を描き込んでいます。

 父のもとで修業を始めたのは24歳のとき。最初は手が震えて何も描けませんでしたが、30歳でようやく自分の名前で作品を販売できるようになりました。今年で15年目になりますが、父の技には遠く及びません。

 直径3センチの酒杯の内側に、百人一首の全歌を描き入れることができれば一人前と言われていますが、私の腕ではまだ作れない。ただ極小の文字を描くだけではなく、器の形や絵柄とのバランスも必要です。書としての美しさを含めて作品が完成するので、そう簡単には作れません。目標は5年後。酒杯に百人一首を描き込むのが夢です。

◆「練り込み」技法を広めていきたいです

 草なぎ(「なぎ」は弓へんに剪)桃江さん(32)は秋田県秋田市で活動する陶芸家。秋田県生まれの彼女は、2010年に東北芸術工科大学工芸コース陶芸専攻を卒業し、故・室伏英治氏に師事し、練り込み陶芸を学ぶ。

「昔から図画工作が好きで、芸大で陶芸を学びました。ろくろ成形や絵付けなど陶芸技術を一通り習得しましたが、実は私、ろくろを回すのが苦手で(笑い)。悩んでいた時に出会ったのが、ろくろをあまり使わない「練り込み」でした。

 練り込みは古くから用いられている装飾技法で、顔料を使って土に色を付け、異なる色の土を練り合わせたり、組み合わせたりすることで様々な模様を作り出します。出来上がりを想像しながら土を練る作業は、パズルを解いているようでとても楽しいです。

 いまは地元の秋田を拠点に活動し、展示会やイベントに出展するほか、陶芸教室も開いています。残念なことに、練り込みの技法自体があまり知られていません。簡単な作品なら誰でも作れるので、今後はもっと広めていきたいです」

◆陶芸の奥深さを日々実感しています

 加藤仁香さん(47)は岐阜県可児市の陶芸家。岐阜県生まれの加藤さんは、1999年に多治見市陶磁器意匠研究所を修了し、2000年には朝日陶芸展秀作賞、2001年には朝日陶芸展特別賞を受賞している。

「透光性のある白い磁器土を使って制作しています。絵を描くのは、緻密な作業。自然豊かで、家の中にヤモリや昆虫が入ってくるような土地で生活しているので、トンボや蝶といった身近な虫をモチーフにすることが多いです。

 20年以上も陶芸に触れてきましたが、いまだに陶芸の奥深さ、難しさを実感しています。理論や技術を一通り習得したつもりでも、突き詰めればその先に新たな課題が見えてきます。

 たとえば上手く成形して絵付けした器でも、焼き終わってみるまでわかりません。キレや割れなどで、絵や形が崩れていることも少なくないからです。だからこそ、思い通りの作品が焼き上がった瞬間は最高の気分です。その作品を手にした方が喜んでくださるのを見ると、舞い上がるような気持ちになります」

◆撮影/太田真三、平郡政宏 取材・文/戸田梨恵

※週刊ポスト2019年11月29日号