住みたい街として注目される北千住(東京都足立区)だが、この周辺はかつて日光街道・奥州街道の宿場町だった。江戸四宿の一つ「千住宿」として、商店や職人が集まり流通の町として発展した歴史を持つ。当時は間口の広さに対して税が課されたため、旧街道に沿って間口が狭く奥に長い短冊状の地割りが作られた。

 今では東武東上線浅草駅から区間急行で15分、特急で12分で到着できる。街を歩くと商店街から両側に細長い路地が伸び、当時の名残を感じることができる。北千住の見所を紹介しよう。

■タカラ湯/東京都足立区千住元町27-1

 北千住には昭和の名銭湯が多く、昭和2(1927)年創業のタカラ湯は「キングオブ縁側」と評される日本庭園と薬湯が人気。池を泳ぐ錦鯉や四季折々の景色を楽しむことができる。正面入り口、七福神の欄間彫刻も必見。柴又帝釈天前の仏具屋の彫刻師・園田正信氏が作成した貴重な作品だ。

営業時間:15時〜23時半
定休日:金
料金:大人470円

■サンロード宿場通り商店街/宿場町通り商店街

 旧日光街道に位置するサンロード宿場通り商店街沿いには、紙問屋だった「横山家住宅」や江戸時代から続く絵馬屋などの古民家が現存。宿場町通り商店街の街灯柱には、千住宿を通った大名とその家紋を紹介するプレートが飾られている。他にも活気ある商店街が数多くあり、路地裏に一歩入って散策すれば社寺やディープな飲み屋、お洒落なカフェなどが点在する。

■市場食堂 さかなや/東京都足立区千住4-11-6

 新鮮な魚介を提供する、足立市場の元仲買人直営店。事前予約で、千住ねぎとマグロの大トロを使った季節限定の「ねぎま鍋」(雑炊付き、1人前4400円、写真は2人前、注文は2人前から)も味わえる。

営業時間:11時半〜13時半、17時〜22時
定休日:日・月(月は不定休)

◆撮影/太田真三、佐藤敏和 取材・文/上田千春、城川佳子、戸田梨恵

※週刊ポスト2019年12月6日号