突如、日本中に巻き起こったタピオカブームも一段落と思いきや、早くもネクストタピオカを担うといわれているチーズティーがじわじわと話題になっている。

 そもそもチーズティーとは、台湾茶や紅茶の上になめらかな口当たりが特徴のチーズフォームをのせた飲み物のこと。中にはそのなかにタピオカをトッピングで入れるという“合わせ技”の飲み方もあるそう。

 味は、タピオカミルクティーよりも甘さ控えめで、大人でも飲みやすい。タピオカブームに乗れなかったあなたも、このチーズティーブームに乗ってみる?

◆FORTUER tea-box

住所:神奈川県川崎市高津区溝口1-4-1 マルイファミリー溝口2F(フードホール内)
営業時間:10時30分〜22時(L.O. 21時30分)
休み:施設に準ずる

 日本伝統のお茶文化を、身近にカジュアルに楽しんでもらいたいというコンセプト。チーズフォームに岩塩を使用することで塩味を強く出し、チャイティーと合わさって抜群の甘じょっぱさに。チャイティーも日本人好みの味わいにアレンジするこだわり。

◆machi machi(マチマチ)
住所:東京都渋谷区神宮前1-11-6ラフォーレ原宿2F GOOD MEAL MARKET内
休み:不定休

 ハリウッドスターで歌手のジェイ・チョウが惚れ込んだ味として、台湾で大ブレーク。雪のようにトロトロの極上チーズフォームが特徴で、台湾では「神のチーズティー」と呼ばれている。トッピングしたタロイモボールは、モチモチした食感がわらび餅に似ていて、和菓子のような味わい。

◆タピチティースタンド
住所:大阪府大阪市浪速区難波中2-3-20
休み:不定休

 行列ができるチーズタルト専門店『PABLO』などを展開するオーナーが5月にオープンさせ、早くも大阪を代表するタピオカチーズティー専門店に。コク深いオーストラリア産クリームチーズを使用し、 厳選したミルクや塩などを合わせて、 きめ細やかで風味豊かなチーズミルクフォームに。ホット、アイスとも、厳選した茶葉3種類から自分の好みやその日の気分で選べるのもうれしい。

◆BowRabit TOKYO
住所:東京都新宿区高田馬場4-12-7
営業時間:10時30分〜21時30分
休み:不定休

 自家製手作り濃厚チーズフォームは、レアチーズケーキの味に近い濃厚で高級感ある味で、フルーツ系スムージーとの相性が抜群! 人気商品のモモイチゴチーズは、鉄観音茶と、Lカップの3分の2ほどのたっぷりの量の桃のシロップ漬けやフレッシュいちごをスムージーにしているので、チーズとともに、フルーツそのものの甘さを楽しめる一品。

撮影/玉井幹郎

※女性セブン2019年12月19日号