医者が書く本と言えば、「こうすれば治る!」と独自の治療法を紹介するものが多いが、発売1か月で3万8000部を突破したこの本は違うようだ。京都大学大学院医学研究科消化器外科医の山本健人氏が上梓した『医者が教える正しい病院のかかり方』は、病院にまつわる初歩的な疑問の数々に丁寧に答えた内容で、“気になっていたけど先生には聞きづらかった”と読者の共感を集めているという。

 今回は山本氏が、「薬をもらうとき」の疑問3つに答えてくれた。

 * * *
【Q:先発薬とジェネリックはどう違う?】

 ジェネリック医薬品とは、先発薬と同一の有効成分を同一量含み、同じ効果があると科学的に証明された薬です。最大のメリットはそれで値段が安いこと。

 しかし注意が必要なのは飲みやすさなどを配慮して錠剤を小さくしたりする工夫がされたジェネリックなどでは、先発薬には使われていない添加物が配合されていること。そうした成分にアレルギーのある患者さんもいらっしゃいます。

「オーソライズド・ジェネリック」という、添加物を含めて成分が先発薬とすべて同じというジェネリックを選べる場合もあります。

【Q:市販薬と処方薬の違いは?】

 処方薬のほうが効くようなイメージがあるかもしれませんが、市販の薬も同じ名前であれば成分は同じものがほとんどです。たとえば市販薬の「ロキソニンS錠」と処方薬の「ロキソニン錠」は同じです。ただし、同じ薬でも、成分量が違うというパターンがあります。

 風邪薬の市販薬「パイロンPL顆粒」と処方薬の「PL配合顆粒」は市販薬のほうが成分量が少なく設定されています。市販薬は医師の処方箋を必要としないので、より副作用の危険がないようにとの配慮です。

 風邪などで症状が軽いのであれば市販薬で様子を見る。治らなかったり症状が重ければ医師に相談して症状に合わせたピンポイントの薬を処方してもらうというのが賢い方法でしょう。

【Q:処方薬が効かなかったら別の病院に行くべき?】

 A病院で出された薬を服用していて効果がなかったので病院を変え、B病院で出された薬を服用したら症状が改善した。このような場合、A病院の医師に疑いを持つかもしれません。

 もちろんA病院の医師の知識不足で不適切な処方をしてしまったというケースも考えられますが、多くはA病院で出された薬では効果が薄いという情報が手がかりとなってB病院の処方となっている。「後医は名医」と言われる所以です。

 BでダメならC、Dと病院を変え続ける方がいらっしゃいますが、これではお金も労力も精神的な負担も大きく、患者さんの不利益は大きい。

 医師と根本的に合わないと思うケースを除き、同じ医療機関に行くのが原則的には患者さんに有利になります。各々の患者さんの病状の変化を継続的に観察している医師のほうが最終的には正しい判断を下すことができるからです。

※週刊ポスト2020年1月3・10日号

医者が教える 正しい病院のかかり方 (幻冬舎新書)