2019年、歴史研究の世界では従来の通説を覆すほどの重要な新発見が相次いだ。歴史作家の島崎晋氏が厳選した「重大ニュース」日本史編をお届けする。

 * * *
◆紀元前から文字を使用? 弥生時代の硯(すずり)発見

 日本で確認されている最古の文字の使用例は、埼玉県の稲荷山古墳で見つかった古墳時代中期(5世紀頃)のものと見られる鉄剣だ。3世紀の土器などにも文字の刻まれたものが確認されているが、漢字の「田」や「大」と読める字が1文字あるだけなので、記号としての使用と考えられてきた。

 ところが8月、弥生時代を専門とする柳田康雄・國學院大学客員教授が、九州北部を中心に西日本各地から出土し、これまで砥石と目されてきた石を精査した結果、すり減りの状態や黒い付着物の残滓から130点を硯と特定。そのうち5点は紀元前100年頃までさかのぼるとの見解を示した。

 日本最古の墨書は奈良県桜井市の上之宮遺跡から出土した木簡で、7世紀前半のものと見られている。今回、紀元前の硯が発見されたということは、(文字が使用された確たる証拠とまではいかないが)文字の書ける条件が備わっていたことを示す。それだけでも大きな発見だ。

◆富山県立山の民家で発見された江戸時代の“天狗の骨”

 7月、富山県立山町岩峅寺の民家で、天狗のものと伝えられる骨が見つかり、8月に立山博物館で開催された特別企画展「立山ふしぎ大発見!?」において一般公開された。

 発見された場所は、かつて宿坊であった部屋の神棚の奥。小さな祠に納められていた箱には「天狗頭蓋骨」「天狗頭鼻」と記され、その中から見つかったのが全長28センチ、幅は最大14センチの頭蓋骨だった。

 同博物館の調査によれば、その骨はイルカの頭蓋骨に手を加えたもので、江戸時代の修験者が布教の道具として用いたのではないかとのこと。そもそも立山は富士山や白山と並ぶ「日本三霊山」として山岳信仰の対象であった。霊験あらたかであることを世間に広めるには物証が一番のため、“天狗の骨”が偽造されたものと考えられる。

◆信長、秀吉、足利2代将軍義詮らの「直筆書状」見つかる

 歴史上の著名人の直筆はそれだけで価値がある。一点見つかるだけで大ニュースだが、11月には同じ場所から見つかった書状のうち何と5点が実物で、なおかつそのうち3点が日本史上の重要な出来事を記した貴重な史料であることがわかった。

 書状を所蔵していたのは愛知県豊橋市の羽田八幡宮。豊橋市図書館などからなる調査グループが文化財に指定するかどうかの鑑定を進めていた過程で、真贋が明らかになった。

 3点の直筆書状の書き手は織田信長と豊臣秀吉、室町幕府の2代将軍・足利義詮の3人。このなかで「もっとも歴史的価値が高い」とされたのが足利義詮の書状だ。これまで初代将軍足利尊氏と南北朝時代を終わらせた3代将軍義満の間に挟まれて影が薄く、“つなぎ程度”にしか思われていなかった義詮だが、今回の発見をきっかけに再評価の動きが活発化しそうである。

◆家康に仕えた青い目のサムライ「三浦按針」の遺骨発見か

 徳川家康には複数の西洋人が仕えていた。なかでも有名なのが八重洲という地名の語源となったオランダ人のヤン・ヨーステン(耶揚子)とイギリス人のウィリアム・アダムスだ。後者は家康の外交顧問として活躍、三浦按針という日本名を与えられ三浦半島に領地まで与えられた。1620年に肥前平戸(現在の長崎県平戸市)で亡くなったとされる。

 平戸市の崎方公園内には「三浦按針墓地」と命名された区画があり、2017年に開始された発掘調査とDNA鑑定の結果、今年の4月になって、そこに葬られていたのが本当に三浦按針である可能性が高まった。

 科学鑑定によると、骨の主が死亡したのは1590年から1620年の間。DNAの塩基配列は日本人にはなく、北・西ヨーロッパ人に多い「ハプロタイプH1」。この期間に平戸で死亡した西洋人は三浦按針を含めて10人いるため、まだ確定とはいかないが、平戸市は決定的な証拠を得るため、按針の親族の子孫を求めて情報収集中とのこと。見つかることを期待したい。

◆大石内蔵助「吉良邸討ち入り」前日の心情を綴った手紙

 兵庫県赤穂市立歴史博物館で開館30周年記念の特別展「元禄赤穂事件」が開催中(2020年2月4日まで)だが、そこで一番の目玉こそ、これまで「所在不明」とされていた大石内蔵助の書状の実物である。宛先は妻りくの父で、記されたのが討ち入り前日という大変貴重なこの史料。同館は京都の古書店で売り出されたとの情報を得て取り寄せ、自筆であることを確認したという。

「いとま乞い状」と題されたそこには、「吉良邸に討ち入ることになった。志のある四十八人が妻子や親類の後難を顧みず、あだ討ちを行う所存」などと、討ち入りの経緯や決意が約50行にわたって認められている。「四十八人」となっているのは、討ち入り直前に脱退した毛利小平太を含めているからである。古文書が読めなかったとしても、内蔵助の筆致から、ただならぬ決意のほどを感じ取れるに違いない。

 2019年の歴史に関するトピックで目立ったのは、貴重な書状の発見が相次いだこと。一つの発見が、「もしやわが家にも眠っているのでは」という意識の喚起につながり、鑑定や調査依頼が増えているのだろう。

【プロフィール】しまざき・すすむ/1963年、東京生まれ。歴史作家。立教大学文学部史学科卒。旅行代理店勤務、歴史雑誌の編集を経て現在は作家として活動している。著書に『ざんねんな日本史』(小学館新書)、『いっきにわかる! 世界史のミカタ』(辰巳出版)、『いっきに読める史記』(PHPエディターズ・グループ)など著書多数。最新刊に『ここが一番おもしろい! 三国志 謎の収集』(青春出版社)がある。