2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公は、大河史上初となる明智光秀。美濃国(現在の岐阜県南部)生まれの無名の武士が、名将・織田信長の重臣に上り詰めたのち、謀反を起こす。謎に包まれた男が生まれた岐阜の魅力に迫る。

◆明智光秀とはどんな人物?

 戦国大名・織田信長の重臣。1582年に「本能寺の変」を起こし、信長を自害に追い込んだ“天下の謀反人”として知られる。生まれは諸説あるが岐阜県説が有力。滋賀県とも縁が深く、大津市に坂本城を築き居城していた。死亡説も諸説あり。

 光秀の出生地として名高い美濃国(現・岐阜県)南部では、6つの市がその地に名乗りを上げている。いわれのある土地とともに、光秀の主君が居城した岐阜城のお膝元・岐阜市も含め、歴史とグルメをWで楽しめるスポットを紹介。

◆主君の城がある岐阜市

 光秀が仕えた斎藤道三、後に織田信長が居城した岐阜城がある街。「岐阜城は今も現存。長良川河畔は日本家屋が建ち並ぶ風情ある街並みで、あゆ料理が名物!」(『GiFUTO』編集長・光田周平さん)

【岐阜市】餃子専門店 岐州
住所:岐阜市住田町1-31-マツノビル1階

 小籠包のように肉汁があふれる餃子(5個400円)は、毎日約100人分が完売。モチモチして甘みのある皮に包まれた餡は豚肉の旨みたっぷりで、野菜のシャキッとした食感も絶妙。

◆影武者説が伝わる山県市

 生誕の地のひとつ。『中洞白山神社』には産湯を汲んだとされる井戸跡が残る。信長への謀反後に光秀は殺されたとされるが、実は影武者で、この地で生き延びたとも。墓とされる場所で供養祭が年2回行われている。

◆一族が築いた城がある可児市

 明智一族代々の居城といわれる明智城があったため、複数ある出生地の中でもこの地が有力。城跡には本丸跡や石碑が残され、散策路もある。

【可児市】マエジマ製パン
住所:可児市今渡2499-7

 パン生地をなるべく室温で熟成させて旨みを引き出す。毎日約80種のパンを少量生産し、迷いながら選ぶ楽しさも味わえる。「パン好き絶賛の店」(岐阜市生まれのタレント・熊田曜子さん)。

 サクサク生地のデニッシュは季節の果物入り。1月は『いちごのデニッシュ』(218円)が登場。

※女性セブン2020年1月16・23日号