プラスチックごみによる海洋汚染の深刻化が世界中で問題視されるなか、日本でも今年7月からレジ袋が有料化。ごみ問題に対する意識もどんどん高まっている。そこで、正しくごみを捨てるための基礎的な知識を、現役のごみ清掃員であるお笑いコンビ『マシンガンズ』の滝沢秀一(43才)に教えてもらう。

◆こんな捨て方で大丈夫?

 知らず知らずのうちに間違った捨て方をしていないか、正しいごみ出しの基本をまずおさらい!

【マニキュアの容器は、資源ではなく「不燃ごみ」に出す】→〇

 びんを資源として「びんの日」に出すには、“汚れがない”状態で出すのが前提だ。「最近はすすいできれいになれば資源として出してもOKな自治体も多いですが、汚れが取れにくいマニキュアやオリーブオイル、ごま油などのびんは、不燃ごみに出した方がいいですね」(滝沢・以下同)。

【生ごみはなるべく触りたくないので、濡れたままで出す】→×

生ごみの80%は水分で、そのまま焼却炉に入れると火の温度を下げてしまうため、生ごみは水気を切って出すのが正解だ。「焼却炉内の温度が下がるとダイオキシンが発生し、環境汚染につながります。生ごみの水を切るのは、身近なエコ活動」。コンポストを利用し、生ごみを肥料に変えるのも対策の1つだ。

【段ボールはつぶさず、中にほかの紙類を交ぜて出す】→△

「可燃ごみから紙類を抜くとごみは劇的に減ります。その紙類を捨てる際は、新聞、雑誌、段ボール、紙パックに分類して資源として出すのがリサイクルのコツ」。交ぜて出すと、ごみ集積場での回収や清掃工場での選別に大変苦労する。菓子箱などの紙製容器包装も紙袋に入れて出せばリサイクルされる。

【ビデオテープや歯ブラシ、CDは地域により、不燃か可燃か、判断が異なる】→〇

 以前は不燃ごみとして出すことが多かったが、最近は焼却炉の改良や焼却技術の向上でプラスチックを可燃ごみにする自治体も増加。ただ、その判断は自治体により異なるため確認が必要。ちなみに洗剤ボトルなどの容器包装とともに資源に出す人もいるが、CDや歯ブラシなどは資源にしない自治体が多い。

【肉や魚を買ったら“くるりポイ”を実践。これでトレイを持ち帰らず、家庭ごみを減らしている】→×

 食品トレイを店のごみ箱にポイ捨てする「くるりポイ」は、洗う手間を省き、家庭ごみを減らすのが目的。だがコレ、「菌が付着する可能性があり、不衛生」と保健所も注意を促す迷惑行為。「トレイやラップは容器包装プラなので、洗って出せば再資源化OK」。白色トレイは白色トレイなどに再生されるため、一部の店では店頭回収も実施している。

【家庭で1回に出せるごみの量を気にしたことがない】→△

基本的に1回のごみ収集日に家庭で出せるごみの量は45リットル袋で3袋が上限。「これは、可燃ごみ回収日が月曜・金曜の週2回の場合、残りの火曜、水曜、木曜それぞれ1日1袋という考え方から。大量にごみが出る場合は、清掃事務所に事前連絡をお願いします」。

【ペットボトル飲料はフタをつけたまま捨てている】→×

 フタとラベルは容器包装プラスチック資源にし、本体はペットボトル資源に分別。口元に残るプラスチックの輪は外さなくてOKだ。

※女性セブン2020年1月30日号