海洋プラスチック汚染問題に対する世界的な関心度が高まるなか、日本でも7月にレジ袋が有料化するなど、環境やごみ問題への積極的な取り組みが始まっている。しかし、ごみの分別や捨て方について、基本的な知識がないという人も少なくないだろう。

 そこで、現役のごみ清掃員であるお笑いコンビ『マシンガンズ』の滝沢秀一(43)を講師役に、正しいごみの捨て方をレクチャーしてもらう。

◆間違えやすい、あれやこれやの捨て方は?

 分別は地域で違うとはいえ、一定の法則性はある。迷ったら、まず捨て方の基本を押さえよう。

【猫砂はどこに捨てればいいの?】

「猫砂にはいろんな種類がありますが、おから系、紙系、木系なら燃えるごみに出せます。ただし、ゼオライトなどの鉱物系は燃えないごみになる場合もあります。猫砂のパッケージに書いてある原材料を確認し、鉱物系の場合は各自治体のごみ分別表などで調べましょう」(滝沢・以下同)

【使用済みカイロは燃えるごみ?】

「使い捨てカイロの中身には鉄粉が入っているので燃えないごみに出します。ただし、この程度の量なら可燃ごみでOKという自治体も。未使用の場合は、念のため袋から出して発熱させてから捨てましょう」

【包丁やカッターの刃は不燃ごみ?】

「刃物類を捨てる際は清掃員がけがをしないよう配慮が必要です。厚紙や新聞紙で刃先まで包み、抜けないように粘着テープで固定し、“危険・刃物”と明記。不燃ごみか危険物で出します。カッターの刃や割れたガラスなども同様にお願いします」

【保冷剤は不燃ごみ?】

 そのまま燃えるごみに出してOK。「保冷剤は約98%の水と2%の高吸収性ポリマーという物質でできています。ほとんどが水分ですが、中身を排水溝に流すと保冷剤が水分を吸収し、詰まることがあるので絶対やめましょう」。

【乾燥剤はどこに?】

「菓子やのりなどの袋に入っている乾燥剤は、基本的に燃えるごみ。ただし、石灰乾燥剤タイプは水に濡れると熱を持つ性質があるので、燃えるごみに水気の多い生ごみが入っている場合は、燃えないごみで出しましょう」

※女性セブン2020年1月30日号