世界的にも、国内においても、環境問題への関心は高まっている。

 海洋プラスチック汚染問題に対する世界的な関心度が高まるなか、日本でも7月にレジ袋が有料化する。しかし、私たちが捨てたごみがどこにいくのか意外と知らない人も多いのでは?

 そこで、現役のごみ清掃員であるお笑いコンビ『マシンガンズ』の滝沢秀一(43才)を講師役に、正しいごみの捨て方をレクチャーしてもらう。

◆ごみの行き場はどこでしょう?

 毎日出る可燃ごみと不燃ごみで最終処分場は埋め尽くされている。私たちの出したごみの行方は…。

【可燃ごみ(燃えるごみ)】
生ごみや使用済みティッシュペーパー、紙おむつ、紙くず、写真、小枝、たばこの吸殻など(プラスチックを可燃ごみとする自治体もある)。

ごみは燃やせば0になると思いきや灰が残り、最終処分場に埋めても雨で有害物質が溶け出し、この処理にも費用がかかる。焼却灰は土木資材などにリサイクルしているが高コスト。ごみ減量が不可欠だ。

【不燃ごみ(燃えないごみ)】
ガラスや陶器類、鍋、バケツ、おもちゃ、小型電気製品、ハンガー、アルミホイル、傘など(プラスチックを不燃ごみとする地域もある)。

分別に差が出るプラスチックごみは、従来不燃扱いだったが、800℃以上の高温ならダイオキシンが発生しないことから可燃ごみ扱いにした地域もある。不燃ごみの場合は砕くなどの中間処理後、埋立処分されている。

【粗大ごみ】

たんすやソファ、本棚、テーブル、ベッドなどの家具類、ストーブ、楽器、布団、毛布、自転車、サーフボードほかのスポーツ用品など。

家具は修理清掃され再生へ。自転車や小型家電、コード類は素材別にリサイクルされる。そのほかは破砕・焼却後に埋立処分される。また家電リサイクル法対象のテレビ・冷蔵庫・エアコン・洗濯機は自治体収集の対象外だ。

【資源】
空き缶や空きびん、ペットボトル、容器包装プラスチック、新聞紙、段ボール、紙パック、雑誌などの雑紙類、白色トレイ、古着古布など。

資源になるのは、回収して再利用or再生利用できるもの。右にあげたような品目をしっかり分別すると、資源がごみになるのを防ぎ、温室効果ガス削減や最終処分場の保全にもつながる。日々、資源の活用を意識しよう。

※女性セブン2020年1月30日号