【著者に訊け】川越宗一さん/『熱源』/文藝春秋/1850円

【本の内容】
 若くしてサハリンに流刑されたポーランド人のブロニスワフと、サハリン生まれのアイヌのヤヨマネクフ(山辺安之助)。帝国主義のもと、列強の激しい覇権争いの中で、それぞれロシア、日本の文化に飲み込まれそうになりながらも自分を見失わない波乱万丈の人生を中心に、明治初期から第二次世界大戦終了までのドラマを描く。アイヌの人々の伝統的な暮らしが生き生きと描かれているのも魅力。

 1月15日になんと2作目となる本作で直木賞受賞が決まった川越宗一さん。前日に京都から上京し、この取材は選考会が始まる2時間前という落ち着かない中でのものだったが、終始柔和な表情で、質問に答えてくれた。

『熱源』は北海道、サハリン(樺太)、ロシア、南極にまたがる壮大な物語だ。日本とロシアの同化政策に苦しみ、戦争に運命を変えられながらも、たくましく生きるアイヌとポーランド人の姿を描く。

 執筆のきっかけは5年前、夫婦で訪れた北海道で白老(しらおい)のアイヌ民族博物館に立ち寄ったことだった。

「ブロニスワフというポーランド人の銅像を見て、なぜ北海道にあるのか、アイヌとどんな関係だったのかなと思いました」

 調べてみるとポーランド独立の英雄の兄であり、サハリンに流刑されてアイヌと交流し、結婚もしていたことがわかった。アイヌの中には南極探検隊に参加した山辺安之助がいた。2人を中心に川越さんの中で物語が動き始めた。

「こういう話があったら読みたいなと空想する癖があるんです。とくに地理的に壮大な話にひかれます。異なる文化同士が接するときの溶け合っていく様子とか、葛藤とか、混ざった具合に昔からすごく興味がありました」

 資料を集め、史実をもとに、ほとんどが実在の人物という小説を書き上げた。川越さんが創作した魅力的な女性たちも登場する。

「人類の半分は女性なのに歴史の本、とくに政治史にはあまり出てきません。歴史は人の思いや行動の集積です。男の話ばかりしていると、その半分しか描けないことになってしまいますからね」

 子供の頃から歴史が好きだった川越さんは大学の史学科に入学したものの中退。アルバイトをしながらロックバンドでベースを弾いていた。30才で会社員になり、時間に余裕ができた4年前に小説を書き始めた。筋トレを始めるような軽いノリだったという。

 川越さんは国家に翻弄される人や少数民族に温かな眼差しを向ける。それは異文化に不寛容な今の世の中への問いかけでもある。

「書きながら思っていたのは『みんな仲よくしようよ』ということ。いろいろ考えたんですけど、この言葉にしかならへんなと思って」

 居丈高な軍人を含め登場人物は全員好きだという。誰もがそれぞれの事情を抱え懸命に生きている。胸が熱くなる冒険譚だ。

■取材・構成/仲宇佐ゆり

※女性セブン2020年2月6日号