健康診断や人間ドックで行なわれる検査は“適切なタイミング”で受けることで最大の効果を発揮する。それは「いつ」、そして「何年に1回」なのか──。

 加齢とともに、脳梗塞や脳出血といった「脳卒中」が心配になってくる。脳の血管が動脈硬化起こすことでリスクが高まるが、それをチェックするのが頭部MRI/MRA検査だ。日本脳神経外科学会専門医で鶴巻温泉病院院長の鈴木龍太医師の話。

「MRIは脳の断面図を写す検査で、脳梗塞を起こしている血管の詰まりなどが、白い影となって映る。一方、MRAは脳の血管を立体的に映し出すので、くも膜下出血の原因になる未破裂動脈瘤なども発見できます」

 東京国際クリニック院長の高橋通医師がすすめるのは、「50歳から」の受診だ。

「男性は55歳くらいからは動脈硬化に注意が必要になってくる。50代からは年に1回か、少なくとも2年に1回はMRIを受けたほうがいい」

 心臓MRI検査は、心臓の血管の動脈硬化を早期発見し、心筋梗塞などの予防に有効とされる。

「MRIに被ばくリスクはないので、肥満や喫煙、高血圧などがあり動脈硬化のリスクが高い人は3〜5年に1回程度がよいのではないでしょうか。

 心筋梗塞の発症が多いのは60〜70代。心臓MRIを受けて異常がなく、血圧をコントロールできていれば、80歳以降の再検査の必要性は低いでしょう」 (ナビタスクリニック川崎の谷本哲也医師)

 心臓の検査には他に、超音波を用いて心臓を画像にし、心臓の動きや弁の状態、血液の流れなどを観察する心エコー検査がある。

「超音波は体に害がないといわれているので、心エコーは何歳からでも受けられます。心臓肥大や心臓の雑音などがない人でも、50歳になったら受診する。頸部エコー検査では“ごく初期の動脈硬化”もわかるので、こちらも50代になったら3〜5年に一度は受けてもいいでしょう」(谷本医師)

 眼の異常を見つける眼底検査に関しては、「年齢の“上限”はない」と二本松眼科病院の平松類医師。

「緑内障の罹患率は、40代では20人に1人、70代以上では10人に1人という調査結果があります。できれば40歳から5年に1回、70歳からは2年に1回程度は受けるほうがいい。

 患者さんのなかには、“体が悪くなって動けなくなっても、目は大切にしたい”“1年くらい命が短くなってもいいから、見えることを優先したい”という人が多い。何歳になっても検査を受けてかまわないと思います」

※週刊ポスト2020年2月14日号