『東京2020協賛ジャンボ宝くじ』(1等・前後賞合わせて3億円)の販売が、2月3日にスタートした。その前日、東京・新宿にある皆中(かいちゅう)稲荷神社は、多くの参拝客で賑わっていた。実はこの神社、参拝すると宝くじが当たる「当せん神社」として知られているのだ。

「江戸時代、鉄炮組百人隊という射撃部隊があったのですが、その中で射撃ベタの隊員がこの神社に参拝したところ、みるみる上達。的に当たるようになりました。これを見たほかの隊員も参拝すると、“皆中る(あたる)”ようになったことから、皆中稲荷と呼ばれるようになり、宝くじも当たると評判です」(地元関係者)

 そのご利益を求め、3億円当せんを狙う人々が願掛けに訪れていたというわけだ。このように宝くじにご利益があると噂される寺や神社は、全国各地にある。

 茨城県には、そのご利益で61億円以上の当せんくじが出たとされる神社がある。全国の有名宝くじ売り場を運営する会社までもが、発売前のくじ祈願に訪れる大宝八幡宮だ。

「2005年に、ある運営会社さんが発売前の宝くじを持ち込み、高額当せんを祈願されました。ドリームジャンボとサマージャンボで、2等の1億円が8本もその売り場から出たそうです。それからいろいろな会社のかたがいらっしゃるようになりました。もちろん、一般の宝くじ購入者の祈願もさせていただいております」(山内雄佑宮司)

 創建は701年。平将門や源義家など多くの有名武将が祈願成就のために訪れたという由緒ある神社で、社名は当時の元号の「大宝」に由来するという。

 嵐の大野智(39才)が1月25日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)で訪れ、話題になったのが、佐賀県唐津市の沖合に浮かぶ小さな島、高島に鎮座する宝当(ほうとう)神社だ。

「もともと運を開く神様として信仰されてきた、島の守り神です。20年ほど前に島おこしとして“宝が当たる”神社にお参りくださいとPRしたところ、参拝したかたから宝くじ当せんの報告が続々と届き、全国に情報が広まりました。神社にはお礼状や実際に当せんした宝くじのコピーが貼ってあります。なかには2012年の年末ジャンボ宝くじの1等、4億円の当せんくじ(コピー)もあるんです」(宝当神社の担当者)

◆蛇と像で億万長者

 京都市の市街地ど真ん中にあるのは、御金神社。この神社は、V6の岡田准一(39才)・宮崎あおい(34才)夫妻がお忍びで参拝したこともあり、「御金」と書いて「みかね」と読み、金運が上がるパワースポットとして全国的にも有名だ。宝くじを中に入れて保管すればと当たりやすくなるといわれている、祈祷済みの「福財布」を購入するため、全国各地から参拝客が訪れる。

 熊本県にある白蛇神社 阿蘇白水龍神權現は、商売繁盛・財運を司る弁財天の化身、白蛇を祀る。

「2000年に当社の宮司がこの地で白蛇様と出会い、その後、お宮を建ててお参りいただくようになりました。お参りしたところ高額当せんしたかたが多く、口コミで広がりました」(白蛇神社の担当者)

 購入した宝くじを持参し、白蛇様に直に触れてもらえる祈願も受けられるという。

 幸せを呼ぶ「吉ゾウくん」が高額当せんを招くと評判なのが、千葉県長生郡にある長福寿寺。約1200年前に伝教大師最澄(さいちょう)が創建、「西に比叡山、東に長福寿寺(当時は東叡山と称した)」といわれる大古刹だ。

 吉ゾウくんは、織田信長の焼き討ちにあって荒廃した比叡山を再建した17代目の住職・豪仙學頭(ごうせんがくとう)が護摩修行をしている最中、火炎の中に一頭の象が舞い降りたことに由来するという。

「幸せを呼ぶ象には健康や夫婦円満など5つのご利益があります。ところがここ10年ほどは金運が突出していて、特に宝くじが当たったという報告が相次いでいます」(今井長秀・第56世住職)

 長福寿寺では例年、ジャンボ宝くじの「大当たり祈願祭」を行っており、今年も同じ名称で2月16日に開催するという。

 事前の祈願だけが“当せんへの道”とは限らない。東京・新宿にある宝禄稲荷神社は、“外れくじ”を供養することで、次の当せんへと導いてくれるとされている。

「毎年5月22日の宝禄祭で『外れくじ供養』が行われ、全国から来られたかたがたが勝運を授かって帰られます」(宝禄稲荷神社のある原町三丁目の町会会長・土屋勝さん)

※女性セブン2020年2月20日号