いまや日本の国民食となったカレーには、地方によって様々なバリエーションが存在する。その地域色豊かなカレーで、現地へ行かずとも食べられるレトルトで提供しているもののなかから、北海道・東北地方のご当地レトルトカレーを紹介しよう。

●らっきょチキンスープカレー 880円(560グラム)

タンゼンテクニカルプロダクト 北海道小樽市銭函5-52-11

 札幌のスープカレー専門店「らっきょ」の味を楽しめる。スパイシーな香り漂うスープはコクがあり、チキンレッグ1本、ゆで玉子、ニンジン、ジャガイモなど具もたっぷり。ご飯をスプーンにのせ、浸して食べるのが本場流。

●大間まぐろカレー 648円(210グラム)

中弘クラフト 青森県弘前市神田2-4-5

 青森県大間産マグロを具材として使用したカレーは、深いコクと辛さのバランスが抜群。リンゴジュースなどが隠し味的に使われている。刺激的な辛味はクセになり、ワカメも泳ぐカレーの海原に入れるスプーンが止まらなくなる。

●三陸まるごと ほたてカレー 1188円(180グラム)

カフェ・ド・カレー Kojika 岩手県大船渡市大船渡町字野々田23-1

 大船渡市で3代続く老舗カレー店「Kojika」が店と同じ味をレトルトで再現。10時間以上炒めて凝縮したタマネギの甘味とコクが溶け込む中辛カレーに、三陸産の大粒のほたて1個が入る。貝柱を噛み締めると旨味が広がり美味。

●牛スジと甘酒の秋田美人カレー 550円(200グラム)

ノリット・ジャポン 秋田県秋田市大町3-5-8 ウィング・グラン4F

 トロトロに煮込まれた牛スジは柔らかく、噛むたびに旨味があふれる。秋田産の甘酒で香り付けしたデミグラス風カレーにはスパイスがしっかり効き、辛味の後に続く甘味の余韻に魅了される。レンコンの食感も楽しい。

●肉屋 牛たんカレー 650円(180グラム)

秋茜 宮城県富谷市上桜木2-2-2

 仙台名物の牛タンをカレーで堪能できる人気商品。昭和33(1958)年創業の精肉卸売会社でもある「秋茜」の〝肉のプロ〟たちが生み出したカレーには、サイコロ状の厚みのある牛タンが入り、その柔らかさと旨味に舌が喜ぶ。

●やまがた いも煮カレー 648円(220グラム)

後藤屋 山形県東置賜郡高畠町大字一本柳2519-3

 山形の郷土料理「芋煮」の具材を使った和風仕立てのカレー。旨味が染み込んだサトイモをはじめ、コンニャクやネギ、牛肉、ブナシメジが入り、食べごたえ抜群。スパイスとともに醤油の風味も効き、心身が温まる逸品。

●いいたて雪っ娘 かぼちゃのカレー 540円(200グラム)

までい工房 美彩恋人 福島県福島市荒井金剛内前31

 福島県飯舘村オリジナル品種の縁熟カボチャ「いいたて雪っ娘」をたっぷり使った甘口カレー。果肉の黄色が映えるカレーにはカボチャの自然な甘味が溶け出し、カボチャ自体もホクホクとして優しい味わい。

◆撮影/河野公俊

※週刊ポスト2020年2月21日号