外出自粛生活が続くと、毎日3度の食事の支度も億劫になってくるだろう。外食でもしたいところだが、それも難しい…。ということで、今だからこそ食べたいお取り寄せグルメを専門家に紹介してもらった。

◆新大久保・テジョンデ
『プレミアムカンジャンケジャン(ワタリガニの醤油漬け)』

【紹介してくれたのは…】
●コリアン・フード・コラムニスト・八田靖史さん
 韓国料理の魅力を伝えるべく2001年より執筆活動開始。YouTube『八田靖史の韓食動画』などを運営。

「コリアンタウン・新大久保で、長く愛される韓国式海鮮料理専門店。新鮮なワタリガニを生のまま薬味しょうゆに漬け込み、ぷりっとした身、濃厚なカニみそ、オレンジ色のとろとろの内子が絶品。最後に甲羅にご飯を投入すれば昇天のおいしさ」。1杯3218円

住所:東京都新宿区百人町1-6-15 N・Kビル2F

◆宮城・かたい信用やわらかい肉 肉のいとう
『杜の都仙台名物!肉厚牛たん塩味』

【紹介してくれたのは…】
●ギャル曽根さん
 言わずと知れた芸能界の大食い女王。調理師免許を持ち、食に関する書籍も多数。

●お取り寄せ生活研究家・aiko*さん
 料理研究家の母親の影響で20才頃から自身もお取り寄せに目覚め、各種媒体、動画などで活躍。

「144時間熟成された臭みのないやわらか牛タンで、大好きな白飯を何杯でも食べられます!」(ギャル曽根)
「肉厚なのにやわらかくジューシー。年齢問わず誰もがおいしく食べられるわが家の定番」(aiko*さん)。写真は300g・3600円(送料込/沖縄・離島は+1000円)

住所:宮城県仙台市青葉区米ヶ袋1-6-8

◆徳島・丸本
『極上阿波尾鶏骨付地鶏カレー』

【紹介してくれたのは…】
●料理研究家・浜内千波さん
 会社員を経て料理研究家に。1980年ファミリークッキングスクールを開校。斬新なアイディアと飾らない人柄が人気。

「徳島県のブランド地鶏・阿波尾鶏の手羽元が2本、さらに胸肉ミンチも入った贅沢カレー。しっかり形があるのに、スプーンを入れるとスッとほぐれて鶏自体の味も楽しめます」。814円

住所:徳島県海部郡海陽町大井字大谷41

◆東京・マルゴット エ バッチャーレ
『ビーフカレーのルー』

【編集のおすすめ】
 世界最高峰の黒トリュフを一粒まるごと堪能できることで有名な人気モダンレストランのカレーが自宅で味わえる。黒毛和牛がゴロゴロ入ったコクがあってスパイシーなカレーは、乳酸菌を加えて2〜3日ほど発酵させるシェフこだわりの品。ひと口食べれば、うま味が口いっぱいに広がる。1パック(2人前)3800円

住所:東京都港区西麻布4-2-6 菱和パレス西麻布1F

※女性セブン2020年5月7・14日号