新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るう3月20日、今年も国連による「世界幸福度ランキング」が発表された。これは各国の国民が「どのぐらいいま(の生活)に満足しているか」を調査したもの。今回はフィンランドが3年連続で1位を獲得、日本は153か国中、62位という結果となった。

 2012年から開始されたこのランキングを見守り続ける女性がいる。堂原有美さん(39才)だ。

「まだ上京してきたばかりなんで…」と、はにかみながら話す堂原さんの言葉には、時々、地元・愛知県のイントネーションが混ざる。小柄で、笑顔がまぶしく、ほっこりとするようなかわいらしい雰囲気だ。現在はフリーでイベントの企画や広報を手掛けている彼女が、なぜ「世界の幸福度」に興味を持つようになったのか──。

◆大学生記者・地元ラジオのレポーター後、大手広告代理店へ

 堂原さんは1980年生まれ。銀杏の特産地で有名な愛知県稲沢市(旧祖父江町)出身だ。スポーツ少女だった中学・高校時代を経て、三重大学人文学部に進学した。

「当時から“何か人をびっくりさせるようなことがしたい”“面白がらせたい”って考えてたんですね。当時、興味を持っていたのが、自分が暮らす地域のことと、何かを“発信する”ということ。地元のNPOに参加して、FM三重でレポーターをしたり、中日新聞に出入りして大学生記者として記事をまとめたりしていました。海外に行ってみたくって『ESS(英語研究会)』に入り、オーストラリアに1か月の短期留学をしました。

 初めての海外体験でしたが、その合間にバックパックを背負って、アメリカなど7か国を回りました。就職は当初、マスコミを考えていましたが、事実ありきの『報道』よりも、何かを作り出すことができる広告の世界が自分に合っているような気がして、広告代理店を受けたんです」(堂原さん・以下同)

 大学時代のアクティブな活動と「地域愛」が評価され、2003年、堂原さんは地元・名古屋の大手広告代理店・三晃社に入社する。

◆「武将隊」が大ブレーク ジョージ・ルーカスに「巻物」で「嘆願書」

「入社当初はCMや広告の制作をしていたんですが、営業部へ異動となりました。営業はお金をつくること。お金に関することって、いままで考えたこともなかったので、毎日「私は何をしているんだろう」と自問自答し、面白いとは思えない日々でした」

 とは言いながらも、堂原さんは持ち前の根性とバイタリティーで営業でも成果を上げる。そして、CM・広告制作の部署を経て配属された企画室で、本領を発揮していく。

「担当は地域の観光促進。そのときに“愛知県は戦国大名の7割を輩出している”という話を聞き、これだ!とひらめいた。もともと歴史に興味があったわけではないのですが、“戦国大名”って、世界に通用するすごいコンテンツだと思って。全国の博物館に手紙を出して、愛知ゆかりの武将たちの資料を集め、朝から晩まで『武将観光』のPRを考えていました」

 2009年には名古屋市役所とタッグを組んで、観光PRグループ「名古屋おもてなし武将隊」プロジェクトをスタートさせた。織田信長など武将に扮するのは地元のハローワークで集めたイケメンたち。堂原さんはPRだけではなく、武将たちの育成にも心血を注いだ。

 そのかいあって「名古屋おもてなし武将隊」は大ブレーク。翌2010年には26億円の経済効果を生み出し、地方に続々と生まれた「武将隊」の嚆矢(こうし)となった。映画監督のジョージ・ルーカスが「侍が大好き」と聞けば、「地元で映画を撮ってほしい」と、毛筆でしたためた巻物の「嘆願書」を送った。仕事を続ける中で、堂原さん自身もマスコミに取り上げられることも多くなり、一躍“時の人”となった。

 だが、輝かしい活躍の半面、30代を迎えた頃から、自分の中に抱える「違和感」が大きくなってきたという。

「『武将隊』の仕事は純粋に楽しかった。手ごたえも感じていたから、10年近くの間、寝食を忘れ、没頭してきました。一方、『企画室副部長』という役職もつき、自分が『会社組織』の一員であり、“ビジネスとして利益を上げなければいけない”という責任がのしかかってきた。『ビジネス』というものを頭では理解できていても、どうしても好きにはなれなかった。結局、私はモノを売って、利益を上げることは、まったく面白いと思えなかったんですね」

 人生100年時代。これから何十年と生きていく中で、このままでいいのだろうかと、葛藤はどんどん大きくなり、いつしか、無視することができなくなった。そこで、堂原さんは、人生最大の決断を下す。

「“そうだ、次の局面に行こう!”と、16年間勤めた会社を退社することを決意しました。37才の夏頃でした」

◆上司と両親を「プレゼン」で説得 「幸福」を探しに世界一周の旅へ

「退社は決めたものの、実は、次のビジョンは、何ひとつ決めていなかったんです。何がしたいかと考えてみたんですが、興味のあることが思いつかなかった。だから、“どういう人が羨ましいか”と考えてみた。そうしたら、“海外に行っている人”だった(笑い)。だからまず、“海外に行こう!”と決めた。

 もう1つ、海外を選んだ理由は、自分の次のキャリアを考えたときに、独立するにしても何にしても、武器があった方がいい、と思ったんですね。幸い、私には会社員時代に培ってきた『地域活動』と『PR』という武器がある。そこに、『海外』が加わったら、最高じゃん、って」

 海外へ行くと決めたら、次は国選びだ。どこへ行こうかと考えたときに思い出したのは、5年前に旅行したフィンランドのことだった。

「当時、すでに仕事に悩んでいて、“この仕事をやればみんながハッピーになる”みたいなことってないだろうかって考えた。そこで“幸福度が高い”といわれている国に行けば、何か見つかるかなと、当時から『幸福国』と評判が高いフィンランドに行ったんです。

 そこで、いろいろな人に“あなたにとって幸せってなんですか?”って聞いて回ったら、ほとんど、みんな“豊かな教育を受けたこと”と答えた。“フィンランドは個性を伸ばす教育をするから、一人ひとりが好きなことや得意なことをして生きている。だから幸せだ”って言うんです。『幸せ』と『教育』って一体なんだって知りました。

 その経験があったから、海外に行くのであれば、ほかの『幸福国』も回ってみよう。そして、ほかの国でも教育がよければ幸せなのか、それとも、ほかにも幸福にする要素はあるのか。『幸福を探すための世界一周』を決めたんです」

 しかし、世界への道は平坦なものではなかった。

 武将隊プロジェクトを一緒に進めてきた上司に「世界一周をするので退社します」と報告したところ、「転職」や「引き抜き」を疑われた。また、さすがに両親に黙って「世界一周」するわけにはいかない。できることなら、厳格な父親にも理解して送り出してほしい。

 そこで、両者の説得のため、堂原さんはいままで広告プロデューサーとして培った技術のすべてを込めて、「なぜ世界一周をするか」「費用の内訳」等のプレゼン資料を制作した。渾身のプレゼンを受けた父親は「そうか。わかった」と納得し、あれほど疑っていた上司も、「気をつけて行ってこいよ」と堂原さんを励ましたのだった。

◆資金350万円 スマホ1つで世界へ出発 ペットボトル1本の「お風呂」

「世界一周の資金は会社員時代の貯金で約350万円。旅はパック旅行ではなく、すべて自分で手配しました。事前に準備をしていてもうまくいかないこともあるから、航空券も宿も、すべてその場でスマホで探した。世界一周旅行の手配は全部スマホでできたので、本当にいまの時代はすごいなと実感しました。

 行き先は2種類の幸福度を基準に選びました。1つは、国連が発表する有名な『幸福度』。人生における選択の自由など、生活の満足度が反映するもの。もう1つの幸福度はスイスの民間団体が調査しているもので、“幸せかどうか”を主観ではかる『純粋幸福度』なんです。こちらで上位に入る幸福国は貧しい国や危険地帯が多いんです。

 こちらは幸福国ではないのですが、アフリカ・ガーナでは、とても田舎の方だったんですけど、“これ、使えるんだろうか”というようなバケツに汲み置いた水と、ペットボトルを1本、ぱんと渡されて、“これ、お風呂だから”って言うんです。どうやって使うんだろうと悩みました。それを思うと、もう日本の清潔感はスゴイ。なかでもトイレのあの水の流れ方の絶妙さとか、世界に日本式の技術を広めるべきだと思います」

◆世界27か国を回って、肌で感じた「幸福の結論」

「いちばん印象に残っているのは、フィジーです。“島のみんなが家族”という意識の強い国なのですが、島の人が、バックパッカーの私物のTシャツを断りもなく平気で着ている。人の物と自分の物の境目がない。驚いたのは、私がバスで運賃を払おうとしたら、ICカードの残高がなくなっていた。すると後ろのフィジアンが、“使いなよ”って自分のカードを貸してくれた。貧しい国でお金を盗られたことはありましたが、そんなことはいままでになかった。席を譲ることは当たり前。“俺のものはお前のもの。お前のものは俺のもの”という、本来の純粋な“貸し借り主義”の国なんです。

 フィジーは『主観』を基準にした『幸福度』の上位国。仲よくなった現地の人に『幸せ』について聞くと、“隣の家は金持ちだけど、けんかばかりしている”と言う。お金は大事ではない。それよりも、家族や頼れる人の方が大事なんです。メキシコやフィリピンなどほかの“主観の上位国”でも同様なことを感じました。

 信頼できる人たちに囲まれ、皆、リラックスしている。私は人に頼ることに苦手意識があったのですが、これらの国を旅して、結局、最後に助けてくれるのは人なんだな、と実感しました。いざとなったら依存しちゃってもいいと思う。それほどの信頼関係が結べる人がいる。それが幸福の条件だと、肌で感じました。

 一方のフィンランドやスカンディナヴィア諸国など、国連が選出した『幸福度』の上位国では、教育や労働環境、老後の生活資金や福祉などの制度は抜群に整っている。それでも“自分は幸せではない”と感じている人も少なくはなかった。結局、どんなに恵まれていても、自分が幸せだと思えなければ、幸せじゃないんです」

 現在、世界は新型コロナウイルスの感染拡大という未曽有の事態を迎えている。日本では緊急事態宣言が発出され、全国的に外出の自粛が求められている。人々は自宅にこもり、明日もどうなるかがわからない状況だ。堂原さんは「そんなときだからこそ」の「幸せになるためのヒント」を教えてくれた。

「半年をかけ27か国の『幸福国』を回ってわかったことは、結局、幸せって自分で決めるしかないってこと。そのためには、“自分を知ること”です。自分が、何をしたら幸せなのか。たとえば、私だったら、日向ぼっこをしたりとか、おいしいものを食べたりだとか。そういう、自分の中の幸せをどんどん探して、それをかなえてあげる。

 私がいつもやっていて、お勧めなのは、幸せを感じたときに“あー、シアワセ!”と口に出して言うこと。そうすると、もう一回、自分でも確認できるから、さらに幸せになる。いまでは私の口癖になっています。

 現在は、新型コロナで会社や友人など、これまでのコミュニティーから隔離されているかたも多いと思います。でも、こういうときだからこそ、あえて雑音のないところで『幸せ』は何かを探してみたり。また、家族の時間が増える人は、本音でコミュニケーションしてみると、意外と話を聞いてくれたりと、新たな居心地のよさや幸せが見つかるかもしれませんよ」」

写真提供/堂原有美さん

※女性セブン2020年5月21・28日号