新型コロナウイルスの影響で思うように外出も外食もできないなか、“楽しくおいしく”おうち時間を過ごせるよう、ミシュラン星付き店のシェフたちがとっておきのレシピをSNSで続々公開し、大きな話題を呼んでいる。家にある食材を使ってお店の味を再現できる本格レシピには、プロの技と愛が詰まっている――。そこで、フレンチの名店『レ・コパン・ドゥ ドミニク・ブシェ』の“おうちレシピ”を紹介する。

『レ・コパン・ドゥ ドミニク・ブシェ』
いくつものフレンチの名店で総料理長を歴任し、フランスのガストロノミー界を牽引するシェフが手がけるのは、伝統を大切にしながらも現代性を持たせた“どこか懐かしい”味。現在は、パリ8区にある自分の名を冠したレストラン、東京・銀座の2軒、名古屋、京都のレストランを行き来している。
住所:東京都中央区銀座5-1-8 銀座MSビルB1F

「フレンチを気軽に楽しんでもらいたいと思い、巣ごもり中のパリの厨房からビデオ配信を始めました。ラタトゥイユは4〜5日おいしく食べられます。カリフラワーはビタミンCたっぷりですよ」(オーナーシェフ、ドミニク・ブシェさん)

『カリフラワーのグラタン』
○材料(4人分)
カリフラワー… 900g、マッシュルーム…120 g、オリーブオイル(サラダ油でも可)…10 cc、牛乳…3/4リットル、バター…80g、薄力粉 …50 g、卵黄…2個分、ナツメグ…1g、グリュイエールチーズ(好みのチーズで代用可)・塩・粗挽きこしょう…各適量

○作り方
【1】食べやすい大きさに切ったカリフラワーは塩少々を入れた湯で3分ゆで、水にさらして粗熱をとり、クッキングペーパーで水分を拭き取る。
【2】マッシュルームは軸を落とし、薄皮をむいたらサッと水に浸してから厚めに切る。
【3】鍋にオリーブオイルを熱して【2】を強火で炒め、ザルにあげる。
【4】同じ鍋にバター30gを熱して【3】を強火で炒め、塩少々を振り、ザルにあげる。
【5】バター50gを中火にかけ、溶けたら薄力粉を鍋に入れて混ぜながら3〜4分ほど火にかける。牛乳を加え、混ぜながら7〜8分ほど火にかける。ナツメグを入れて塩少々を振り、よく混ぜたら、卵黄を加えて一気に混ぜ合わせる。
【6】耐熱皿にバター(分量外)を塗り、【1】と【4】を敷き詰めたら覆うように【5】をかけて、グリュイエールチーズをたっぷりのせ、180℃のオーブンで20〜25分焼く。お好みで粗挽きこしょうをかける。

『ラタトゥイユ』
○材料(4人分)
赤パプリカ・黄パプリカ・ピーマン・玉ねぎ…各1個、ズッキーニ…2本、なす…1本、トマト…2個、にんにく(みじん切り)…2片、トマトピューレ…少々、ブーケガルニ・オリーブオイル…各適量

○作り方
【1】トマトは皮に切れ目を入れて沸騰したお湯(分量外)につけ、皮にしわが寄ったら鍋から引き上げ冷水につけて湯むきしておく。赤・黄パプリカ、ピーマン、玉ねぎ、ズッキーニ、なす、湯むきしたトマトをそれぞれさいの目に切る。
【2】鍋にオリーブオイル少々を熱し、赤・黄パプリカ、ピーマン、玉ねぎをほんのり色づくまで強火で炒める。
【3】別の鍋にオリーブオイル少々を熱し、ズッキーニを強火でサッと炒め、取り出しておく。同じ鍋で再度オリーブオイル少々を熱し、なすを強火で炒める。
【4】 【2】に【3】のズッキーニとなすを入れ、トマトとにんにくを加えてよく混ぜる。トマトピューレを入れて、さらに混ぜ合わせる。ブーゲガルニ少々を入れて蓋をし、30分ほど弱火で煮込む。

※女性セブン2020年6月18日号