新型コロナ感染症が世界を覆っている。その恐ろしさは致死率の高さでもある。イタリアは14.1%、ドイツは4.5%──近隣国なのに、なぜこれほど新型コロナによる致死率(死亡者数/感染者数)が違うのか。ヨーロッパでは感染症対策の糸口を探るため、その原因を探る研究が加速している。

 5月6日、ドイツの科学系学術サイト「シュプリンガー・ネイチャー」に1つの論文が発表されると、感染予防の手がかりになると注目を集めている。

《新型コロナウイルス感染症の感染と死亡を防ぐビタミンDの働きについて》

 イギリスの研究者らが欧州20か国を調査したところ、ビタミンDの血中濃度が低い国ほど、新型コロナの感染率、死亡率ともに高いことが明らかになったという。たとえば被害が大きいスペイン、イタリア、 スイスの高齢者は、血中のビタミンDが少ない傾向にあるというのだ。

 そもそもビタミンDにはどういう効能があるのか。井尻整形外科院長の井尻慎一郎さんが解説する。

「よく知られているのは、骨粗しょう症対策に有効だということです。カルシウムとビタミンDを同時に摂ることでカルシウムの吸収率が上がり、骨を強くします」

 さらに近年、「ビタミンDには免疫機能を高める働きがある」という研究結果が相次いで報告されているという。

「体内に侵入したウイルスや細菌などの異物に対して、それを排除しようとする免疫機能を必要なだけ働かせ、過剰な免疫反応を抑制すると考えられています。かぜやインフルエンザ、気管支炎や肺炎などの感染症の発症・悪化の予防にも関与することがわかってきました。最近は、がんや高血圧、糖尿病などさまざまな生活習慣病を予防する可能性も指摘されています」(井尻さん)

 まだはっきりとした因果関係は不明だが、そうしたビタミンDの働きが、新型コロナの感染や重症化を防いでいる可能性が考えられる。

◆日焼けが嫌なら室内日光浴でもOK

 ビタミンDは、日本人の約8割で不足しているとされる栄養素だ。井尻さんは「日光に当たることが大事」だとアドバイスする。

「肌に紫外線を当てると皮下にあるコレステロールに化学反応が起こり、体内でビタミンDが作られます。ビタミンDを不足させないためには、1日に15〜20分程度、外でウオーキングをしてほしい。手や脚は日焼け止めを塗らず、素肌のままにしましょう。どうしても日焼けが嫌なら、手のひらだけでもかざすと効果があります」(井尻さん)

 いまは新型コロナの感染リスクがあり積極的に外出するわけにもいかない。また、老人ホームや病院など施設内での生活はどうしても室内にこもりがちになり、ビタミンD不足に陥ってしまう。高齢者は特に注意が必要だ。

 クリニックばんびぃに院長で小児科医の時田章史さんも「人間は必要なビタミンDの80〜90%を日光から合成している」と日光に当たる必要性を訴える。

「外出ができないなら室内でも構いません。注意してほしいのは、窓ガラスは合成に必要な紫外線を通さないということ。室内で日光に当たる場合は、必ず窓を開けてください」

 イタリアやスペインなど南欧諸国では、日差しが強いため日陰が好まれる。これも、血中のビタミンDが少ない傾向にある理由の1つといえるだろう。

 皮膚のメラニン色素は紫外線の透過を防ぐので、色白の人の方がビタミンDを生成しやすい。しかし、肌色以上に鍵となるのは「緯度」だ。新型コロナの被害が大きかったスペインやイタリアは緯度が高い。日本だと、北海道とほぼ同じだ。

「緯度が高い地域では紫外線が弱く、ビタミンDが不足してしまうので、意識的に日光に当たる必要があります。スウェーデンやフィンランドなど北欧諸国は、ビタミンD不足で骨が石灰化しにくく、骨の強度が不足してしまう『くる病』が流行した過去があり、食品に添加するなど国を挙げてビタミンD不足解消に取り組んでいます。一方で、南欧のイタリアやスペインではそうした意識が低いので、死亡率が高まった可能性があります」(井尻さん)

 ビタミンDは日光以外に、食材からも摂取できる。

「さばやまぐろなどの魚に含まれています。特にいわし、さんま、鮭などには豊富です。やや含有量は劣りますが、牛レバーやチーズ、卵黄にも含まれます」(井尻さん)

 また、きのこ類にも豊富に含まれている。

「しいたけ、きくらげなどのきのこ類は、カサの裏側を数十分ほど日光に当てるだけで、ビタミンDの量が数倍に増えます」(時田さん)

 未知のウイルスだった新型コロナも、次第に正体が暴かれ始めている。効率的に予防・対策をしていきたい。

※女性セブン2020年6月18日号