新型コロナウイルスの影響で家庭用消毒剤が品薄だ。厚生労働省は『新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について』の情報を発信し、新型コロナウイルスに有効な界面活性剤が含まれる洗剤などの製品リストも公開されている。

 免疫力が落ち、新型コロナだけでなくいろいろな病気のリスクが高まる老親のためにも、家の中を見直したい。長年、病院の環境衛生管理に携わり“掃除で健康を守る”がモットーの医療環境管理士、松本忠男さんに、コロナにも負けない掃除テクを聞いた。

【教えてくれたのは…】
健康を守るお掃除士/松本忠男さん
30年以上にわたり病院の環境衛生に携わり、医療関連サービスのトータルマネジメントを行う㈱プラナを設立。現場で体得したノウハウを多くの医療施設、掃除会社に発信。近著に『ウイルス・カビ毒から身を守る!』(扶桑社刊)など。医療環境管理士。

◆感染予防の基本は消毒よりまず掃除

「目に見えないウイルスを恐れ、やみくもに消毒剤をまいても実は意味がありません」と、松本さんは言う。

 新型コロナのような肺炎に至るウイルス、秋頃から流行するノロウイルス、食中毒菌、アレルギーを起こす花粉など、家の中にはいろいろな病原体がいる可能性がある。消毒というと、それらを一掃できるようなイメージだが、決してそうではないという。

「病気にならないための掃除ということなら、医療現場の清掃法が参考になります。基本は【1】洗浄、【2】消毒、【3】滅菌。

 まず汚れを取り除く。汚れの中にいちばん病原体が潜んでいるため、汚れごと物理的に病原体を排除するわけです。その後に消毒。ただしこれはすべての菌の殺菌ではなく、一部を死滅させて感染リスクを下げるのが目的。そして手術室など特殊な場所で必要な滅菌。これは菌をゼロにします。一般の家庭で必要なのは【1】【2】まで。洗浄、つまり掃除がいちばん重要なのです」

 家庭内にいる病原体の多くも、ホコリの中に取り込まれている。ホコリもまた小さな繊維くずの集まりで、フワフワしたかたまりになるのは相当にたまった状態だ。 

「消毒剤は汚れがない状態でなければ、力を発揮できないのです。ホコリの上から消毒剤をかけて、一部のウイルスは死滅するかもしれませんが万全ではありません。しかもホコリは残ったまま。消毒剤自体にも毒性があり、使いすぎれば人体にも有害です。感染対策としては目に見えない段階からのホコリ取りが重要なのです」

◆ホコリ取りの基本は乾拭き一方向

 ホコリ取りはごく日常的な掃除だが、意外に多くの人が正しいやり方をしていないと松本さんは言う。

「フローリングにはシートモップ、畳やじゅうたんは掃除機がよいでしょう。ホコリは軽く人が歩くだけでも舞い上がってしまうので、いずれも静かにゆっくりと動かすのがコツです」

 掃除機はヘッドを押し出すときより引くときにより吸引するので、後退しながら一方向に。強くゴシゴシ押し付けるとじゅうたんの毛がつぶれて奥のホコリが吸い取れない。力を入れずに軽く動かす。

 シートモップは逆にヘッドの先端でホコリをキャッチ。前後に動かすとつかまえたホコリをまき散らすことになるので、前進しながら一方向に。

 もう1つ重要なのが水拭きではなく乾拭きということ。「ホコリは乾いているので、ドライシートや乾いたぞうきんを使うのが基本。またカビや細菌は栄養(汚れ)と水分で繁殖しますから、それらを取り去ることが大切です。

 水拭きはサッパリするような気がするものの、実はウイルスなどを含んだホコリを塗り広げているようなもの。

 どうしても取りにくいこびりついた汚れには、乾拭きでホコリを取った上で汚れに合った洗剤を使って拭き取り、最後に水拭きで仕上げましょう」

◆汚れ落としの洗剤&消毒剤

【台所用洗剤・浴室用洗剤・トイレ用洗剤】
中性。中性洗剤は日常の軽い油汚れなどに幅広く使える。浴室・トイレ用はキレート剤(金属封鎖剤)入りで水あかや石鹸かすを効果的に落とす。

【住居用洗剤・重曹】
弱アルカリ性・アルカリ性。皮脂汚れやしつこい油汚れ、油煙汚れなどに。重曹は水に溶かして。湯に溶かすと洗浄力が上がり、消臭効果も。

【トイレ用洗剤・クエン酸】
酸性。トイレの黄ばみ、尿はね汚れ、水あか、石鹸かすにも。クエン酸は水に溶かすと酸性になり、シンクの水あか、浴室のカルシウム汚れにも。

【消毒用アルコール】
新型コロナウイルスやインフルエンザなどのウイルスを不活化することができる。濃度80%前後のものがおすすめ。食卓や家具などのほか、手指の消毒に。

【台所用漂白剤・カビ取り剤】
塩素系。普段はふきんなどの漂白、消毒に。ノロウイルスやカビなどを殺菌。酸性洗剤と混ぜると有害ガスが発生するので要注意。

イラスト/鈴木みゆき

※女性セブン2020年7月23日号