今年いちばんの不倫ニュースといえば、俳優・東出昌大(32才)と女優・唐田えりか(22才)の3年にわたる不倫と、芸人・渡部建(47才)の“トイレ不貞”だろう。ともに世間から大いに不評を買ったが、両夫婦ともいまだ離婚はしていない。そこには一体どんな事情があるのか――。『女性セブン』は女性読者534人に夫婦関係と不倫にまつわるアンケートを実施。不倫をサレた妻たちの本音から見えてきた「夫婦のリアル」とは?

読者の夫婦関係のリアル

 女性セブン読者からなるブンズクラブ会員(全国の20〜70代女性)に以下のアンケートを実施、534人が回答(実施期間:2020年6月30日〜7月8日)。

Q. 夫との仲はいいですか?
はい:38.9%
いいえ:12.3%
普通:48.8%

「仲がいい」と「普通」と答えた人は合わせて87.7%。『女性セブン』読者は、夫婦円満な家庭が多いように見えるが…。『不倫女子のリアル』(小学館新書)の著者・沢木文さんはこう分析する。

「夫婦関係が円満でも不倫をする人はします。妻と良好な関係を築ける男性は、コミュニケーション能力が高い傾向に。そういう男性はモテますし、その能力を駆使して女性を口説くことを楽しみとする男性も多いんです」(沢木さん・以下同)

Q. 結婚後、夫以外の人を好きになったことはありますか?
はい:24.5%
いいえ:75.5%

 好きになった相手として多かったのは、仕事関係者、同級生、元カレ、習い事の先生、子供の学校関係者など。このうち、不倫関係に発展したのは約2割だった。多くの妻は、ときめく相手をアイドルなどに求め、それで満足しているようだ。

Q. 正直、不倫をしたいと思いますか?
はい:9.1%
いいえ:90.9%

 著名人の不倫にも約85%が不快感を示しており、倫理観からか不倫願望を持たない妻が多い結果に。そのほかの理由として、社会的なリスクを回避するため、生理的な嫌悪感、めんどう、時間がない、などが挙げられた。

自分が優位に立てる女性と不倫する傾向に

 前述のデータからもわかるように、今回のアンケートでは、女性セブンの女性読者の倫理観や、夫婦円満の度合いが明らかになった。その一方で、6人に1人が、夫に不倫をサレたことのある“サレ妻”であることも判明。貞淑な妻たちをないがしろにし、夫たちは誰と不倫をしているのか。沢木さんに最近の不倫事情を聞いた。

「いまも昔も、仕事関係の女性と不倫をするケースが多いですね」

 男性は、自分が教える立場になれる女性に魅力を感じる傾向にあるという。

「日本は、家事や育児の負担が妻の方が大きいため、家庭での立場は、夫より妻の方が上になりがち。ですから男性は、恋愛感情や性欲だけでなく、支配できる相手を求めて不倫をするようです」

 一方、妻の不倫は事情が違う。本誌読者でも約5%の妻に不倫経験があったが、不倫に求めることは“女として扱われること”だという。

「妻や母として扱う夫と、女としてちやほやしてくれる不倫相手を使い分け、家庭は円満なのにW不倫をする夫婦も増えています」

 表と裏、2つの顔を使い分けるのは、女性の方がうまいのかもしれない。

※女性セブン2020年8月13日号