新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、行動自粛が呼びかけられてからかなりの期間が経った。2019年より前とは違う生活を心がけるにあたり、疲れてきた人も目立つなか、諏訪中央病院名誉院長で長野県茅野市在住の鎌田實医師が、コロナ疲れを吹き飛ばす映画鑑賞法について紹介する。

 * * *
 3月からの5か月間、自宅のある茅野を出たのはたった2回。取材や仕事の打ち合わせはオンライン、テレビやラジオの出演もオンラインで難なく行なっている。毎週のように講演会などで全国をまわっていた“旅暮らし”が、もう大昔のことのようだ。

 浮いた時間、古い映画を見始めたら止まらなくなった。まず『モロッコ』。久しぶりに見たが、何度見てもすばらしい。90年前にこんな映画が作られていたなんて、信じられない。監督はジョセフ・フォン・スタンバーグ。外人部隊の基地があるモガドールという町に、傭兵としてゲイリー・クーパーがやってくる。マレーネ・デートリッヒが演じるのは食い詰めた歌姫。シルクハットのシルエットで登場するシーンは、実に美しい。

 恋に落ちた2人だが、クーパーは鏡に口紅で グッドラックと書いて、砂漠の戦場へと去っていく。デートリッヒは、婚約を決めたお金持ちに別れのキスをして、砂漠に向かって歩き出す。勇壮な鼓笛隊に送られた兵士のあとを追って、ハイヒールを脱ぎ、灼熱の砂漠を素足で歩き始めるエンディングは実に見事だ。

 デートリッヒはこの映画の後、大女優になっていく。アガサ・クリスティの『検察側の証人』を原作にした、ビリー・ワイルダー監督の『情婦』では、タイロン・パワーを相手役に、妖艶な美しさを見せつけている。

 ゲイリー・クーパーの作品も追っかけてみた。彼がアカデミー主演男優賞を取ったのが『真昼の決闘』。西部劇のぼくのおすすめは、この作品か『荒野の決闘』。ジョン・フォード監督、ヘンリー・フォンダ主演の『荒野の決闘』は、女性が見ても楽しめるのではないか。この映画が作られたのはぼくが生まれた年の2年前の1946年。大学生になってから、文芸座の3本立てで観たような記憶がある。

 小説にも飛んでみた。映画『モロッコ』と同じ、モガドールを舞台にした小説『空気の名前』(アルベルト・ルイ=サンチェス著、白水社)という小説を、数年前、アフリカを旅行しながら読んだ。女性へと脱皮していく少女を、メキシコ出身の作家が美しい文体で描写している。

 映画館に少しずつ人が戻りつつあるなかで、『海の上のピアニスト』が約20年ぶりに4Kデジタル修復版と、当初イタリアで公開された170分版で、8月21日からロードショーされる。

 DVDで見たが、映像が美しく、すばらしい。監督は『ニュー・シネマ・パラダイス』や『鑑定士と顔のない依頼人』のジュゼッペ・トルナトーレ。生まれてから一度も船から下りたことのないピアニストが、ジャズピアニストと船の上で対決する。これが圧巻だ。

 映画と音楽は、切り離すことができない。映像を見ると音楽を思い出し、音楽を聴くと映像を思い出す。そこで、記憶をたどりながら大好きな音楽映画ベスト10という遊びを始めてみた。

 1位は、見終わった直後だったこともあって、やっぱり『海の上のピアニスト』。2位は2年前大ヒットした『ボヘミアン・ラプソディ』。3位は第二次世界大戦におけるワルシャワを舞台にした、ロマン・ポランスキー監督の『戦場のピアニスト』。『ローズマリーの赤ちゃん』のポランスキーがこんな映画を作るのかと思って感動したのを覚えている。

 4位は、天才モーツァルトを描いた『アマデウス』。映画としてうまくできているなと思った。5位はキューバの日常を描いた音楽ドキュメンタリー『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』。音楽を楽しんでいるオッサンたちがいると思うとうれしくなった。6位は『セッション』。鬼コーチとドラマーというスポコン的映画だが、鬼気迫る演奏に気分が高揚する。

 7位は、『ブルース・ブラザース』。8位は『Ray/レイ』。レイ・チャールズの伝記映画だ。9位はぼくが大好きなチェット・ベイカーを描いた『ブルーに生まれついて』。麻薬の売人から顎を砕かれ、前歯を失ってからトランペットの演奏が難しくなり、歌うようになった。この歌が暗くていいのだ。10位は『ジャニス リトル・ガール・ブルー』。ジャニス・ジョプリンのドキュメント映画だ。

 こうやって考え始めると、ベスト10では収まりきらない。『シェルブールの雨傘』は20歳のカトリーヌ・ドヌーヴが美しく、ミシェル・ルグランの音楽もすばらしかった。『ダンサー・イン・ザ・ダーク』もいいし、『天使にラブ・ソングを…』も大好き。『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス空白の5年間』という映画もなかなか渋いいい映画だ。『ピアノ・レッスン』は映像も美しくて音楽も優れていた。

 しつこい性分のぼくは、今度は、音楽映画じゃなくて、映画音楽だったら何が好きかな、と考えた。

 1位は『カサブランカ』の「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」、2位は『明日に向って撃て!』のバート・バカラックの音楽、3位は『死刑台のエレベーター』マイルス・デイヴィスのトランペットの即興的な演奏が渋くてすごい。4位は黒澤明の『七人の侍』。5位は『ロッキー』。「ロッキーのテーマ」は筋トレの定番である。

 こうやって、コロナ自粛中に遊んでいると、あっと言う間に時間が経っていく。

 減少傾向にあった新型コロナ感染者数は、再び増加し始めている。7月下旬の時点で、ほぼ完璧にコントロールできているのは台湾ぐらい。検疫で週に1人程度発生しているが、国内で感染経路がわからない発生はほとんどなくなっている。韓国は微妙なところで、1日50?60人の感染者を出している。日本も7月頭から感染者数が増え始め、病院では第二波に備えて緊迫した状況が続いている。

 こうしたコロナとの長期戦のなかで、心の渇きを潤してくれるものの存在はかけがえがない。自宅でDVDを見たり、たまに映画館に行ったり、これからも映画を楽しみ、映画で遊びたいと思う。

●かまた・みのる/1948年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県の諏訪中央病院に赴任。現在同名誉院長。チェルノブイリの子供たちや福島原発事故被災者たちへの医療支援などにも取り組んでいる。著書に、『人間の値打ち』『忖度バカ』など多数。

※週刊ポスト2020年8月28日号