東京には各地方の自治体のアンテナショップが多数存在。遠くにお出かけするのが憚られる状況の中、東京でご当地グルメの旅を楽しもう。富山、山梨、三重、高知のアンテナショップを紹介する。

『日本橋とやま館』は、富山県のアンテナショップ。立山連峰からミネラル豊富な水が流れ込み、“天然のいけす”と称される富山湾には500種類以上の魚介類が生息する。同湾で水揚げされた旬の新鮮な魚介を味わえる『富山はま作』に今夏、旬の魚介が一堂に会する「海鮮丼」がリニューアルして期間限定で復活。内容は仕入れ状況によって変わるが、希少な白エビの刺身は必ず入る。

 取材日は天然鯛の昆布締め、鰆の焼霜造り、ヒラメ、ハタ、バイ貝など8種類の魚介が県産コシヒカリのご飯の上で共演。サイドメニューも充実し、白エビの唐揚げは香ばしくサクサクの食感がクセになる。

【日本橋とやま館】
住所:東京都中央区日本橋室町1-2-6 日本橋大栄ビル1F
休:年末年始、ビル施設点検日など
【富山はま作】
営業時間:11時半〜14時(L.O.)、17時〜20時半(L.O.)
【物販】
営業時間:10時半〜19時半

人気商品ベスト3

・「ます寿司」(日替わりでメーカーが異なる。1500〜2400円)
・「幸のこわけ ほたるいかの浜干し」(カネツル砂子商店 594円)
・「氷見うどん 細めん」(海津屋)432円

 続いては山梨県。『Cave de ワイン県やまなし』で味わえる「富士の介」は、山梨県がキングサーモンとニジマスを交配して開発した新ブランド魚。そのマリネは、きめ細かく舌触り滑らかな身質と程よくのった脂、豊かな旨味を堪能できる一皿。弾力ある岩魚の卵の食感も楽しい

【Cave de ワイン県やまなし】
住所:東京都中央区日本橋2-3-4 日本橋プラザビル1F
休:ビルの法定点検日、年末年始、レストランは日・祝が定休
【レストラン】
営業時間:平日11時半〜14時、18時〜22時(L.O.)、土17時〜21時半(L.O.)※土は2日前までに要予約
【物販】
営業時間:平日11時〜21時、土・日・祝11時〜17時

人気商品ベスト3
・「かくし甲斐路生ほうとう 2人前」(有川商事)400円
・「甲州鳥もつ煮」(割烹立よし)788円
・280種類以上揃う県産ワイン(1540円〜)

 そして三重県だ。『三重テラス』では、日本3大和牛に数えられる松阪牛をローストビーフ丼で満喫できる。ロゼ色の肉はしっとり柔らかく、噛むたびに旨味が広がる。途中で付属の伊勢茶入り出汁と県産食材の薬味を入れ、お茶漬けのように味わう趣向も面白い。

【三重テラス】
住所:東京都中央区日本橋室町2-4-1 「YUITO ANNEX」1F・2F
営業時間:年末年始
【レストラン】
営業時間:当面の間は11時〜20時(L.O.)※ランチメニューは11時〜14時半(L.O.)
【物販】
営業時間:10時〜20時

人気商品ベスト3
・「シェル・レーヌ」(ブランカ)172円

・「山村ソフトクリーム」360円

・「なが餅」(なが餅笹井屋)648円

 高知県のアンテナショップ『まるごと高知』内の『TOSA DINING おきゃく』の人気メニュー、一本釣りで知られる土佐の名物「藁焼きカツオのたたき」は、店の一番人気メニュー。藁を燃やし、炎で一気に炙る伝統の調理法により、表面を香ばしく焼き上げ、旨味を閉じこめる。

 塩かポン酢を好みで選び、肉厚の1切れを頬張ると、藁焼き独特の香りと赤身の風味が口いっぱいに広がる。スライスしたニンニク、青ネギで味わう本場流の食べ方を楽しみたい。高知県は日本一のナス生産量を誇り、名産地・安芸に伝わる「茄子のたたき」は素揚げしたナスとポン酢の組み合わせが美味。ウツボのから揚げなど珍しい料理も揃う。

【まるごと高知】
住所:東京都中央区銀座1-3-13 オーブ プレミア
休:年始
【TOSA DINING おきゃく】
営業時間:平日11時〜14時半(L.O.)、17時〜21時(食事L.O.)、土・日・祝11時〜14時半(L.O.)、17時〜20時(食事L.O.)
【物販】
営業時間:10時半〜20時

人気商品ベスト3
・「万能おかず生姜」(四国健商)324円

・「安部さんの囲生姜」(はちきんの店)1280円

・「わら焼き戻りかつおタタキ」(明神水産)690円 200g

取材・文■上田千春 撮影■矢野宗利

※週刊ポスト2020年9月4日号