新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が出された今年4月、人々はどんな生活を送っていたのだろうか――。多様な職業の77人が、4月に生活を日記形式で綴った書籍『仕事本 わたしたちの緊急事態日記』(左右社)が話題となっている。すでに30近いメディアに取り上げられ、じんわり日記ブームが広がっているというのだ。

 SNSに日々の出来事を気軽に投稿するこの時代、わざわざ日記を書くということは、そう簡単なことではない。しかし、実際に日記を書いてみないと分からない魅力も多いのだ。

 *
 コロナをきっかけにウェブサイト『あさひてらす』で『家ごもりヘロヘロ日記』を連載するようになった編集者でエッセイストの末井昭さんは、日記を書くことで現実の生き方が変わった。

「4月に緊急事態宣言が出ると人と会うことも減り、組んでいるバンドのライブも中止になってしまった。家にこもっているとテレビばかり見て、何もする気が起きなくなってくる。

 これはまずいな、なんとかしなきゃ…と思っているときに、日記を書く仕事の依頼がきて、日記なら毎日頭を使うからいいだろうと思い、書き始めました。すると一日の過ごし方も変わってくるんです。ボーっとテレビを見ているだけでは、何も書けないから、本を読んだり、たまに映画を見たりするようになりました。何か見たり聞いたりしても、日記に書かないといけないので、前より考えるようになりました」(末井さん)

 どんよりとした日常は、日記を書くことによって色彩豊かになった。

 6月14日には、ホラー映画『ミッドサマー』を鑑賞に出かけた末井さん。この日は、72才の誕生日だった。

「映画の冒頭で、72才以上の人は崖から飛び降りて死ななければならないという、スウェーデン奥地の古代宗教を信仰する村の伝統的な儀式の様子が描かれていたんです。

 ぼくはちょうどその日が72才の誕生日だったから、『あれ?』と思って帰宅後すぐ日記に『その村にいたとしたら自分は今日飛び降りないといけない』と書きました。そういう偶然が面白いですね。それも日記を書いていたから気づいたことで、日記を書いていなかったら、ただ面白い映画を見たというだけで終わったと思います」(末井さん)

 コロナ禍において、猛烈なスピードで過ぎ去る日常や、膨大な情報量に圧倒されていた末井さんは、日記を書くことで、流されずその場に立ち止まるようになった。

「重症者や感染者の人数がニュースで流れてきても、そのときは、大変なことになったと思うだけで翌日になると忘れて、自分の中には何も残りません。だけど日記を書くことが習慣化していくうちに、情報に流されないで、気になったことは深く掘り下げて考えたくなりました。

 例えば、3月31日に相模原の連続殺傷事件で犯人の植松聖被告が死刑判決を受けました。ぼくは、このことを日記に書くと、どうしてこんな事件が起きたのか、あらためて気になるようになって、関連するような本や資料を丹念に読みました。こんなに重大な事件も、もしかしたら日記を書いていなければ、普通のニュースのように流してしまっていたかもしれません」(末井さん)

 日記がもたらすのは生きる意欲や考える気力だけではない。

「日記を書くことで、血圧低下や感染への抵抗力をはじめとした健康効果が期待されます」

 こう話すのは、精神科医で『日記を書くと血圧が下がる』(CCCメディアハウス)の著書がある最上悠さんだ。

「ポイントは、日記に事実だけでなく感情も書くこと。“モヤモヤを吐き出してやろう”という気軽な心持ちで、その日、起こったこととそのときに感じた気持ちを記すことで、抑えられていた感情が解放されて精神的なストレスが和らぐ。自律神経系や内分泌系、免疫系のバランスが改善されます。これによって血圧が下がったり、頭や腰、肩の慢性的な痛みが和らぐことなどが証明されています」(最上さん)

 欧米ではこうした『感情筆記』によって、ノイローゼやトラウマの改善から傷の治癒まで、さまざまな疾患で症状が緩和したり、回復が早まることが医学的に実証されている。

「頻度については個人差があり、まずは感情を書ける気分になったときに気軽な気持ちで日記を書いてほしい。いまのことだけでなく、過去に悲しい思いをしたことを書き殴ってもいいし、つらい気持ちやストレスだけでなく、楽しかったことを書いても、心身を浄化する効果があります」(最上さん)

※女性セブン2020年9月10日号